お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

看板が飛んでしまった!?手出し費用0円!?の火災保険を申請できます

火災保険について、インターネットや知人からの情報で「火事以外の被害でも申請できる」と聞いたことはありますか?

名前が名前だけに「本当かな?」と思うかもしれませんが、これは事実です。

自然災害により、屋根や外壁、看板などが被害を受けた時には、火災保険を活用した修理ができるのです。

看板は火災保険で修理できる

火災保険

ここ数年、日本ではゲリラ豪雨や強力な台風、突然の大雪など自然災害による被害が多くなっています。建物に与える被害件数も増え、特に屋根や看板など直接雨や雪が当たる場所は深刻な被害を受けています。

台風の際には、屋根や看板がはがれて飛んでしまったり、豪雨の時には壊れてしまったりもします。

このような被害が出た時には、火災保険で修理することができるのですが、自然災害で被害を受けたことを証明することが必要になります。

看板においては、その多くが風災による被害です。

台風21号での家屋被害申請は早めに行うと保険金が出やすい

風災とは台風や暴風雨、春一番、突風、竜巻などの強い風による災害全般を指します。

看板が想定外の強風にさらされると、壊れたり飛ばされたりしてしまいます。この被害については火災保険の補償の対象になるのですが、風災が認定される強風の条件をクリアしなければなりません。

この条件とは「最大瞬間風速が秒速20m以上」というものです。

この風速の条件の元で被害が出た時には、火災保険の補償の対象となります。また、火災保険の契約によっては、修理に必要な工事費用が20万円以上であることが必要なこともあります。これは「20万円フランチャイズ」と呼ばれるもので、20万円未満の工事は自費になってしまうというものです。

さらに、火災保険の時効は3年とされていますので、被害が出た日から3年以内に申請することが基本となります。

火災保険を申請した後に、もうひとつクリアすべき問題があります。

それが、鑑定人による現場検証です。保険会社が火災保険の申請を受けた時には、第三者機関である鑑定会社に現場の調査を依頼し、その鑑定会社に所属している損害保険鑑定人が被害状況を調査します。

この調査によって、風災として認められれば火災保険がおりる仕組みになっています。

火災保険の不払い問題に交渉した実例のご紹介

自然災害として認められないケースもある

ですが、補償の対象と認められなければ自費で工事をすることになります。

先述の通り、20万円フランチャイズに引っ掛かったり、鑑定人が風災被害を認められなかったりする場合はもちろんですが、経年劣化による被害についても補償の対象外となります。

この経年劣化とは、外的影響ではなく、単純に古くなったために劣化してしまった状況を指します。

この場合は火災保険の対象外となるので、看板や屋根の被害が自然災害によるものなのか経年劣化によるものなのかは、火災保険の活用になれた専門業者に調査してもらうと良いでしょう。

調査自体は無料で行っている会社がほとんどです。

看板や屋根の被害は広範囲に及ぶことが多いので、修理費用も高くなる傾向にあります。ほ

とんどの工事の場合で足場(設置費用に数十万円かかります)を組むことになるので、その時点で20万円フランチャイズはクリアすることになります。

自然災害によって看板に被害が出て、火災保険を申請しようと思った時には、まず専門知識が豊富な専門業者に修理の見積を出してもらいましょう。

火災保険会社への申請は電話でもネットでも出来る

そして火災保険の補償の対象になりそうだということがわかれば、保険会社に連絡をして必要書類を送ってもらい、火災保険の申請を行います。

火災保険の申請には、工事の見積書や被害状況を示す写真なども必要になります。

必要書類(申請書類・見積書・被害状況の写真・屋根調査報告書・罹災証明書など)の用意ができたら、保険会社に提出します。

必要書類を受理した保険会社は、鑑定会社の損害保険鑑定人に被害状況の調査を依頼し、その結果報告を受け取ります。

その報告書をもとに保険金額を決定し、依頼人の指定した口座に保険金が振り込まれます。

この時に、見積書と同額以上の保険金がおりていれば、工事は無料で行えます。

しかし、見積書より少ない金額しか保険金がおりなければ、差額は自費で賄うことになります。

そこで全国建物診断サービスでは契約者様の負担にならないよう降りた金額の範囲内で必要な工事を行なうため契約者様と再度協議させていただきます。

火災保険の申請は工事の終了後でもできるのですが、被害状況を正しく伝えて適切な保険金額にしてもらうためには、被害が出てすぐ、工事を始める前に申請の用意をしましょう。

申請悪徳会社には注意が必要です。

申請サポート 類似悪徳業者に注意してください。

また、故意でないにしろ虚偽の申請を行ってしまうと保険会社の心象が非常に悪くなります。

火災保険の申請に関しては、一部の悪徳業者とのトラブルが国民生活センターに報告されています。「必ず無料で修理できます」などといった都合のいいことをいう会社には、注意が必要です。

悪徳業者を見分けるコツとしては、とにかく工事を早く行おうとすること、見積に詳細が載っていないこと、ホームページに火災保険を活用した事例が掲載されていないことなどが挙げられます。

また、飛び込み営業をしている業者はその多くが悪徳業者だという事例も報告されていますので、火災保険を活用した工事はあせらず慎重に進めましょう。火災保険によりタダになる可能性があるとはいえ、看板や屋根の工事は決して安い買い物ではありません。

そのため、優良業者を見つけることが、火災保険を活用した修理の成功のポイントとなります。
IMGL8650171031_TP_V

看板の種類と金額

町中のどこにでもある看板ですので、大きな自然災害が起こった際には、被害が発生することが考えられます。

しかも、ひとえに看板といっても多くの種類があり、それぞれ特徴を持っています。ここでは、看板の種類と特長についてまとめておきたいと思います。

●パラペット看板
パラペットとは、建築業界では「屋上の胸壁」を指します。

つまり、店舗の玄関先の上部に掲げる看板のことです。

パラペット以外にも、建物の正面全体を意味する「ファサード」と呼び方をすることもあります。

ショップによっては、イメージ戦略・ブランディングの一部としてデザイン性の高いパラペット看板を採用しているところもあります。このような看板を発注する時には、玄関の上に掲げる平らな看板は「パラペット看板」、入り口全体をリフォームするのであれば「ファサード」と伝えると、業者にはわかりやすいと思います。

ショップの“顔”となる看板ですので、被害が出た際はすぐに対応した方がよいでしょう。

●壁面看板
パラペット看板やファサードはショップの玄関近くの看板ですので、ショップの側に来なければ詳細まではわかりません。

一方、ショップの外壁を大きく使用した壁面看板であれば、遠くからでもどのようなショップが認識できる看板です。

パラペット看板などと比較すると、必然的に大きな看板になるので、ショップの存在感を示すものとなります。

外壁に直接設置するという条件上、平板を使った軽い材料で作られることがほとんどですので、想定以上の強風が吹いてしまうと吹き飛ばされるリスクがあります。

夜間には照明を当てたり、できるだけ広いスペースを利用することで目立つようにしたり、様々な工夫ができる看板でもあります。

イメージ広告として利用されるケースも多く、ロゴマークやイメージキャラクターを前面に押し出した壁面看板も街中によく見られます。

●突出看板
外壁に対して垂直にし、飛び出しているように見えるタイプの看板です。

このタイプの看板もよく街中で見かけるものですが、サイズ・素材・形状について自由が効くこともあり、ショップや飲食店だけでなく事務所などでも活用されています。

夜間でもすぐに見つけられるように、看板の中に照明を入れた内照式の突出看板もあります。

この突出看板があると、どこにどんなショップがあるかがわかりますし、複数のテナントが入居しているビルにどのような会社が入居しているかが人目でわかります。

また、裏小路など狭い道にアンティーク調のプレートがぶら下がっていることがありますが、これも突出看板に分類されます。特にヨーロッパではこの形状の突出看板が多く、そのデザイン性から日本でも人気があります。

●野立看板
屋外に立っている看板の総称を、野立看板といいます。常設の野立看板と一時的に設置する臨時の野立看板がありますが、臨時の野立看板は火災保険で補償されるかどうかは契約によって変わってきます。

野立看板の多くは、両脇二本の脚があり平板を掲げる構造となっていますが、平板を取り替えるだけで掲示内容を変更できるので利便性が高い看板といえます。

用途としては、誘導目的の案内板や離れた場所からでも見える広告など様々です。パラペット看板やファサードでは賄いきれない情報を補助する役割も担っています。歩行者はもちろんですが、ドライバー向けの情報を掲載することで、ドライバーの休憩などを促す役割を果たすものもあります。

●スタンド看板
立てかける看板の総称で、一般的には移動が可能な自立式案内看板全般を指します。A型看板(画架のような三角錐型の看板)やポスター・パネル用の看板、イーゼルなどもスタンド看板に分類されます。

突出看板同様、照明が中に仕込んである内照式のものや、コンセントにつないでモーターで回転するものなどもあります。素材や形状・サイズの自由性が高いので、様々な業種で使われていますし、ショップのイメージにあった看板になりやすいというメリットがあります。

しかし、素材によっては経年劣化が激しいものもあります。例えば、木製のスタンド看板をずっと屋外に置いておくと、風や雨などの影響を直接受けて腐食が始まってしまいます。そのため、ある程度の周期で交換することを視野に入れて、制作した方が良いでしょう。

●電飾看板
突出看板やスタンド看板で内照式のもの全般を、電飾看板と呼ぶこともあります。特に飲食店で使われることが多い看板で、夜間に営業する店舗では効果的です。太陽が出ている間は照明自体がそれほど目立たなくなるので、電源を切っておいても良いでしょう。

●バナースタンド
ほかの看板とはちょっと異なる立場にあるのが、バナースタンドです。

このバナースタンドは、素材に布状の柔らかいものを使用するので、看板というよりは「のぼり」や「懸垂幕」のように見えるかもしれません。

しかしながら、看板としての歴史は古く、時代劇に出てくるお茶屋などでもよく使用されています。外壁に貼り付けるタイプのものや屋根から垂らすもの、店の軒下から地面にかけて簾のように張るものなど様々なバリエーションがあります。現在はターポリンという素材がよく使われます。このターポリンは、もともとはタープ(テント)用の生地で、防水性のある布素材を一般的にターポリンと呼んでいます。

素材の改良と技術の発達が著しい分野なので、印刷用の素材としても様々な場面で活用されるようになりました。文字や模様だけでなく写真の出力もきれいにできるようにあったので、一般的なスタンド看板よりも大きなサイズで作製できることもあり。その用途はどんどん広がっています。

しかも、制作費がほかの看板と比較して安価なため、初期費用を抑えたいショップにとっても大きな味方になってくれます。しかし、非常に軽いので強風に煽られたり、外れて飛んでいってしまったりというリスクはあります。

リフォームするときや火災保険を利用するときなどに自分のところの看板はどういった種類なのかを説明できると施工業者や保険会社への説明がスムーズになることが多いので店舗など看板を利用する物件をお持ちの方は1度自分のところの看板の種類を確認してみてはいかがでしょうか?

全国建物診断サービスでは全国対応可能です!

全国対応可能
このように、看板には様々な種類があり、自然災害時に被害が出た時に火災保険が適用されるのかどうか不安になることもあると思います。そのような時に頼りになるのが、一般社団法人全国建物診断サービスの加盟店です。47都道府県、どの地域にも加盟店がありますし、火災保険の活用に慣れた専門業者ばかりが揃っています。そのため、どのような被害が火災保険の対象になり、どのような書類の書き方をすれば火災保険が通りやすいかなどのアドバイスも行っています。

先述の通り、火災保険を活用した工事に関しては悪徳業者が存在していることも事実です。しかし、全国建物診断サービスの加盟店であれば豊富な実績があり、依頼主の立場に立って様々なアドバイスをしてくれます。
また「ホームドッグ」という“建物の健康診断”を無料で行っていますので、是非お気軽にご相談ください。
ご興味ある方や認知されている家の「破損に火災保険は使えるのか」と気になることがありましたらお気軽に私共の全国建物診断サービスにお電話ください。
お電話番号は「0120-131-071」となります。
メールフォームでも受け付けておりますのでその際は当社団のホームページよりお問い合わせください。