お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

サッシからの漏水でクロスに雨シミが!火災保険で修理できるのでしょうか?

住宅の購入時や賃貸時に必ず耳にする言葉のひとつである「火災保険」。その名前から連想するのは、万が一火事になった時に様々な補償をしてくれるということでしょう。

しかしながら、火災保険は火災による被害だけを補償してくれるものではありません。もちろん、火災の際にはしっかりとフォローしてくれますが、それ以外の補償もしてくれます。条件によっては、サッシからの漏水でクロスにシミがついてしまった場合でも、補償対象となるかもしれないのです。

全国建物診断サービスでは全国で今!加入している火災保険を使った無料修繕を展開しております。

2018年の関西空港が取り残された台風21号でも平均200万以上の修理が保険金で出来ております。

今なら問い合わせの申込で5000円キャッシュバックキャンペーン中!申込お待ちしております

友だち追加
※毎週知って得する情報を更新しております、是非登録を。

雨漏りも自然災害が原因であれば火災保険を使える

1183830

火災保険は、損害保険の一種です。その名の通り、火災はもちろんですが、風災・雹災・雪災や落雷など、自然災害によって建物やその中にある家財に被害が出た時にも補償してくれる保険です。

 

もし、住宅で火事が起きて建物や家財に被害が出た時には、様々な経済的ダメージを受けることになるでしょう。家の立て直しや、家財の揃え直しなど、どれだけお金がかかるかわかりません。そのような時に、経済的なリスクをカバー・フォローしてくれるのが火災保険です。

 

火災保険は「住まいの保険」と呼ばれることもある、住宅に関する総合的な保険です。日常生活を安心して暮らす上でも欠かせない保険といって良いでしょう。

 

保険の対象は「建物」「家財」「建物+家財」の3パターン

罹災証明書

火災保険の対象とは、補償が適用される範囲のことです。

 

火災保険では、その保険の対象を3種類から選ぶことができます。

  • 建物のみ
  • 家財のみ
  • 建物・家財の両方

ここでいう「建物」とは、建物本体に加えて門や塀、物置・車庫など建物に付帯していて動かすことができないもの全般を指します。また、「家財」とは、家具や家電製品、洋服やカーテンなど、建物の中にあって動かすことができるものを指しています。

 

ここで注意が必要なのが、保険の対象を①建物のみにした場合は、火事が起きて家財に被害が出た時には補償されないということです。建物の被害については保険が下りても、家財の被害には保険が下りないので自己負担で再調達しなければいけません。そのため、③建物・家財の両方を補償の対象にすることをおすすめします。

 

とはいえ、契約者にとって最適の火災保険が何なのかは「住宅は持ち家か・賃貸か」「家財が多いか・少ないか」などライフスタイルによって変化します。賃貸住宅の場合ですと、建物を保険の対象とした火災保険はオーナーが加入していますので、入居者は②家財のみだけで十分ということもあります。

 

このように火災保険に加入する時には、自分のライフスタイルを考慮して保険の対象を決めるようにしましょう。

 

火災保険の補償内容と補償範囲を知る

1196305

ここで改めて、火災保険の補償内容と補償範囲をおさらいしておきましょう。

 

火災保険では、火災のほか自然災害(地震・噴火・津波を除く)により建物・家財が被害を受けた時に補償してくれる損害保険です。契約時に決めた保険金額が上限にはなりますが、実際に被害を受けた部分の保険金を受け取れると考えて良いでしょう。

 

ここでポイントになるのが、自然災害の部分です。火災保険という名前から、自然災害による被害も補償内容に含まれていることを知っている人は多くないようです。しかし実際は、ほとんどの火災保険において自然災害による被害を補償してくれる契約となっています。というのも、今ある火災保険のほとんどが自然災害による被害の補償を基本パッケージに含んでいるからです。

アルミ産業 火災

では、具体的に火災保険ではどのようなケースをフォローしてくれるのでしょうか。

 

  • 火災

自宅における失火や第三者に起因するもらい火による火災の被害を補償してくれます。

 

  • 落雷

落雷による被害を補償してくれます。よくあるのは、雷が落ちたショックでコンセントを通じて家電製品がショートしてしまう例です。

 

  • 破裂・爆発

ガスの引火による破裂や爆発による被害を補償してくれます。

例:漏れたガスに引火して爆発が発生した等

 

  • 風災・雹災・雪災

風・雹・雪などによる被害を補償してくれます。強風や大雪などで窓ガラスが割れたり、屋根が飛んだりした時などが補償対象となります。

 

 

  • 水濡れ

漏水など、水濡れの被害を補償してくれます。給排水設備が故障して部屋が水浸しになった時などが補償対象となります。

 

  • 水災

台風や集中豪雨による被害を補償してくれます。2018年は西日本を中心に水災が多く発生しました。

 

  • 盗難

盗難によって発生した損傷・汚損による被害を補償してくれます。これは泥棒が鍵や窓を壊した時や家財が盗まれた時の補償となります

 

  • 騒擾・集団行為等にともなう暴力行為

騒擾(労働争議やデモ行進など)や集団行為による暴力・破壊行為の被害を補償してくれま

 

  • 建物外部からの物体の落下・飛来・衝突

建物外部から物体が落ちたり飛んできたりした時の被害を補償してくれます。子供がボールで遊んでいる時に誤って窓ガラスを割られた時などが対象となる補償です。

 

このように、火災保険は商品によって若干の違いはあるものの、幅広く日常生活上における被害を補償してくれるものです。これらの補償以外にもオプションで契約できる“特約”もあるので、契約の際に保険会社に質問してみましょう。

 

地震は火災保険の対象外

地震

ここで注意したいのが、火災保険では地震・噴火・津波による被害は補償の対象外となることです。例えば、地震が原因で起きた火災については火災保険では補償されません。日本は「地震大国」と呼ばれるほど地震が多く起こる地域ですので、火災保険とセットで加入できる地震保険にも加入することをおすすめします。

 

地震保険に加入すると地震・噴火・津波による被害が補償されますので、火災保険を契約する際は同時に契約することを検討しましょう。また、すでに火災保険に加入している場合は、後付けでも地震保険に加入できます。

 

地震保険で保険金が下りるまでの流れはこちら!!!!

 

サッシからの漏水で申請する場合には、専門業者に依頼するのがベスト

契約3

このように、火災保険は自然災害による被害であれば、サッシからの漏水による被害も補償されることになります。では、具体的にはどのように火災保険の申請をすれば良いのでしょうか。一般的な方法は以下の通りです。

 

  • 保険会社または保険代理店に問い合わせをする
  • どのような被害が出ているのかを伝える
  • 保険申請に必要な書類を郵送してもらう
  • 修理業者に被害状況を伝え、現場にて調査をしてもらう
  • 修理業者から「見積書」と「被災写真」をもらう
  • 保険鑑定を受ける
  • 保険金が確定し入金されると同時進行で修理を行う

 

まずは保険会社または保険代理店に問い合わせをすることから始めます。連絡先は保険証書に記載されていますので、確認しておきましょう。続いて、具体的に被害を受けた内容を報告します。

 

例えば「台風で窓ガラスが割れた」などという内容を口頭で伝え、保険申請の方法や必要な書類を確認します。この時注意が必要なのは、絶対に虚偽の報告はしないことです。虚偽であることがあとからばれてしまうと、本当に大変なことになってしまいます。

 

保険申請で必要になるのは、一般的に以下の4点です。

  • 保険金請求書(保険契約者が記入する)
  • 事故状況説明書(保険契約者が記入する)
  • 修理見積書(修理業者が作成する)
  • 被害物の写真(修理業者が用意する)

 

このような書類を用意する必要があるので、修理業者へ見積書の作成を依頼することになります。この際、現場で被害状況の確認をしてもらうことになりますので、写真も同時に撮ってもらうようにしましょう。

 

どのような修理業者に依頼すれば良いか迷うかと思いますが、火災保険を活用した修理に慣れている業者が望ましいです。火災保険の申請を通すコツも熟知していますので、わからないことは何でも相談してみましょう。

 

注意したいのは、見積書を作成した時点で工事の契約済みとしてしまう業者です。このような業者は一般的に悪徳業者と呼ばれますが、もし工事をやめることになった時に高額のペナルティフィーを請求されるリスクがあるので、必ず契約は見積とは別で取り交わすことを確認しましょう。

 

保険鑑定会社の保険鑑定人による被害状況の確認がポイント

ピンポン

火災保険の書類を申請すると、保険会社から依頼を受けた保険鑑定会社の保険鑑定人がやってきます。保険鑑定人とは、被災状況を第三者の立場から評価する存在です。この存在が、被害が火災や自然災害によるものなのか、経年劣化によるものなのかを確認します。もしここで、経年劣化によるものと判断されてしまうと保険金は支払われません。

 

現場確認の際は、屋根に上るようなことはなく長いスティック付きのカメラなどで被害状況の確認をすることが多いようです。また、保険鑑定人は修理業者にも電話で連絡をすることが多く、修理の見積書が架空のものではないかを確認してから保険金を支払うべきかどうかを決めます。

 

一方、火災保険を活用した工事に慣れている業者が作った見積書が提出された際には、信頼関係が構築されていることから保険鑑定人が訪問しないこともあります。

 

保険鑑定人が被害を認めた時は、保険会社から保険金の支払い内容について連絡があります。平均で1週間から10日程度で回答がありますが、多くの人が被害に遭うような大規模災害時には大幅に対応が遅れます。

 

ちなみに過去に日本で起きた大災害の際には、保険金の結果の回答が得られるまでに2か月以上がかかったという例もあります。その一方で国の要請により鑑定結果を待たずして、該当地域全体について鑑定がなくとも保険金を支払うようにした例もあります。

 

いずれにせよ、万が一のためにも火災保険・地震保険には加入しておくことをおすすめします。

 

火災保険金の支払い実績

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88

2019年3月期に支払うことになる火災保険金は、2018年に豪雨や台風・地震などが頻発したことを受け、過去最高額になりました。損保各社は数十年に一度の大災害に備えた「異常危険準備金」を毎年積み立てていますが、今回はこの準備金を取り崩して対応するレベルにまで達しました。

 

今回の取り崩しにより、大手損保では1000億円以上もの金額を支払うことになります。しかしながら、このような事態が続くのでは火災保険制度自体の屋台骨が揺らいでしまう危険もあり、保険金の確かな支払いを行うための体制作りが改めて必要になると考えられています。

 

ちなみに2017年度の火災保険の支払総額5035億円となっていて、この額を上回る7000億円近い額を2019年3月までに支払っていることが推測されています。

 

このように、火災保険の支払額が増加していることを受けて、2019年は火災保険料の値上がりが行われます。火災保険料の引き上げは2014年以来5年ぶりで、火災保険に基本形である「総合型住宅保険」の保険料が平均で5.5%引き上げられる予定となっています。

 

前回の改定以降、自然災害や水漏れ被害による保険料の支払額は増加傾向にあり、2018年は西日本豪雨の発生、大型の台風21号・24号が日本列島を直撃したことにより、保険金の支払額が増加しました。また、大阪府北部地震と北海道胆振東部地震が相次いで発生したこともあり、地震保険の支払いも急増しています。

 

困った時は全国建物診断サービスにお任せを

ogp

このような火災保険による修理を受けるために、ホームドックサービスを受けてみてはいかがでしょうか。これは全国建物診断サービスが行っている、住宅を隅々まで調査して、破損・劣化箇所を報告して火災保険の適用が可能かどうかを診断するもので、人間で言うところの「人間ドック」と同様のものです。住宅の健康を守るためには、定期的に住宅の状況を調査することが大切ですのでチェックを受けてみましょう。

 

調査は高い技術力と豊富な経験を持つ一級建築士が担当し、調査報告書や保険申請用の書類を作成します。このサービスは、全国どこでも無料で診断しているのが特徴です。全国に400店舗という加盟店がありますので、地域を問わず同じクオリティのサービスを受けることができます。もし、火災保険が適用されるような破損・劣化であれば、修理費用も無料になることもあります。

 

住宅というものは、破損・劣化が目立たなくても少しずつ傷んでいくものです。早めにそのような箇所を見つけてかつ保険が適用になるのであれば、依頼主にとってもメリットしかありません。破損・劣化がひどくなり保険金では賄いきれないレベルになる前に診断を行うことで、火災保険を賢く活用しましょう。

 

 

 

 

困ったときはこちらへ!!!