お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

タイルの一部が強風で飛んだ…火災保険と地震保険のどちらに申請すれば良い?

住宅ローンを組む時に、必須条件になっていることがほとんどの火災保険への加入。同時に地震保険への加入も進められることも多いです。これらの保険は、住宅ローンを支払っている時に、万が一住宅が被害を受けたとしても、火災保険と地震保険があれば、二重ローンになることを避けられます。

 

しかしながら、この火災保険と地震保険の区別がついていない人も多いということもあり、例えばタイルの一部が強風で飛んでしまった時に、どの保険を申請すればいいのかわからないという話もよく聞きます。

 

では、火災保険と地震保険とではどのような違いがあるのでしょうか。その詳細を紹介していきましょう。

 

 

全国建物診断サービスでは全国で今!加入している火災保険を使った無料修繕を展開しております。

2018年の関西空港が取り残された台風21号でも平均200万以上の修理が保険金で出来ております。

今なら問い合わせの申込で5000円キャッシュバックキャンペーン中!申込お待ちしております

友だち追加
※毎週知って得する情報を更新しております、是非登録を。

 

 

 

火災保険とは何か

%e5%ae%89%e5%bf%83

火災保険は、損害保険のひとつです。その名の通り火事による被害を補償してくれる保険ですが、実はより幅広い補償が可能な保険です。現在は、住宅を購入した時はもちろんですが、賃貸契約をした際にも火災保険に加入するのが一般的となっています。

 

ちなみに、賃貸の場合、建物自体はオーナーが火災保険に加入しているので、契約者は家財を対象とした火災保険に加入することが多くなります。このことについては後述します。

 

火災保険による火災被害の補償は、自分が原因の火災以外にも適用されます。自分が原因で出火した場合はもちろんですが、例えば隣人が起こした火事のもらい火の被害も、火災保険の対象となります。

 

実は、隣人が起こした火災の場合、天ぷら油や暖房器具、寝たばこなどが原因の「重過失」の場合は損害請求ができますが、「失火責任法」という法律により「重過失」以外の、起こるべきして起きた火事の場合は隣人にも責任がないことになります。

 

この場合は、火災保険に加入していないと誰も補償してくれないため、住宅も家財も自己負担で再調達することになってしまいます。このようなことにならないためにも、火災保険への加入は必須と考えておきましょう。

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

メールでお問い合わせする

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

強風による被害には現在加入している火災保険が使える

宮城

火災保険とは、火事による被害はもちろんですが、自然災害(地震・噴火・津波を除く)による被害をも補償してくれる保険です。その対象となるのは、以下の2種類です。

 

  • 建物…いわゆる家屋の部分と、車庫・物置などの付属建物、門や塀などの屋外設備を含みます
  • 家財…建物の中にある家具・電化製品・衣類など全般

 

火災保険に加入する際には、「建物のみ」「家財のみ」「建物と家財の両方」の3種類から保険の補償の対象を選べるのですが、このセレクトを失敗すると大変なことになります。

 

例えば、「建物のみ」を補償対象にしている場合、火事により住宅が全焼した際には、建物の被害は補償されます。しかし、家財の被害は補償されないので、建物は元通りになっても中にあった家財は自己負担で揃え直すことになるため、火災保険では「建物と家財の両方」を補償対象にすることをおすすめします。この見地から、先程の賃貸の場合は「家財のみ」で問題ないということになります。

 

多彩な補償内容を持つ火災保険

火災保険

では、火災保険の具体的な補償内容はどのようなものなのでしょうか。

 

  • 火災

自宅から出火した場合はもちろんですが、上述の通り、放火や近隣の火事からのもらい火による被害も補償対象となります。

 

  • 落雷

落雷によって屋根に穴が開いたり、過電流により電化製品が壊れたりといった被害が起こることがあります。過電流は離れた場所で落雷が起きた場合でも、起こりうる現象です。

 

  • 水災

台風や豪雨による洪水・土砂崩れの被害も火災保険で補償されます。都市部においては、河川が近くになくても下水が噴き出す可能性があるので注意が必要です。自治体が公開しているハザードマップをチェックしておきましょう。

 

  • 風災・雹災・雪災

強風により屋根が飛んだりした場合や雹で窓ガラスが割れたりした場合、雪の重みや雪崩で家が倒壊したりした場合も補償対象となります。タイルが飛んでしまった場合は、この風災に該当しますので、火災保険を申請すると無料で工事ができる可能性があります。

 

これらのような自然災害以外の事故においても、以下のようなものは特約(オプション)をつけることで補償されます。

 

  • 水濡れ

水道が壊れて浸水した場合や、マンションの上階からの水漏れが起きた場合なども補償されます。

 

  • 盗難

盗品された物品の被害はもちろん、壊された鍵や窓ガラスの修理費用も補償されます。

 

  • 破損・汚損

子供が自宅で遊んでいるときに壁紙を汚してしまった、掃除中に家具が倒れて壊れてしまったなどといった被害も補償対象になることがあります。

 

このように、災害以外の規模が小さい日常生活における偶然の事故も補償の範囲に入れることができます。これらの特約はカスタマイズできるものですので、そのカスタマイズの仕方によって保険料は変化します。

 

地震保険の概要はこちらでも見れます!!!!

 

地震保険とは何か

IMGL8650171031_TP_V

では、地震保険はどのような保険なのでしょうか。地震保険も火災保険同様、損害保険のひとつです。1995年に日本では阪神淡路大震災が起こり、地震保険の加入者は増加し続けています。そして、2011年の東日本大震災でその存在が改めてクローズアップされました。

 

今後も日本では大きな地震が起こると考えられているため、意識の高い人たちの注目を集めています。ちなみに、損害保険料率算出機構の調査によると、地震保険の世帯加入率は2008年には22.4%でしたが、東日本大震災の翌年の2012年には27.1%になり、2017年には31.2%まで上昇しています。

 

では、地震で起きた火災はどのような補償になるのでしょうか。火事による被害の補償なので、火災保険の補償と思われるかもしれませんが、これは地震保険の補償対象となります。つまり、地震が原因の被害はすべて地震保険の対象となるので、地震大国・日本では地震保険に加入しておくことが重要視されるようになってきたのです。

 

地震保険に加入していないと、地震が起きて家がなくなってしまうと住宅ローンを二重で払うことになってしまうかもしれません。そうならないためにも、地震保険への加入をおすすめしますが、住宅ローンを組む際の必須項目には入っていないことがほとんどですので、自分で判断することになります。

 

火災保険と地震保険の補償対象の違い

1241165

2つの保険の内容について、補償内容の違いをおさらいしておきましょう。

 

火災保険の補償対象は、以下のような被害です。

  • 過失・放火などによる火災
  • 落雷による家屋・家電などの損傷
  • ガス漏れなどによる破裂・爆発
  • 風災・雹災・雪災
  • 台風や暴風などによる水災
  • 建物外部から物体の落下・飛来・衝突
  • 漏水などによる水濡れ

 

一方、地震保険の補償対象は以下のような被害です。

  • 地震や噴火、これらを原因とした津波によって発生した火災
  • 地震や噴火、これらを原因とした津波によって発生した損壊・埋没・流出による被害

 

地震保険の補償は、損害の程度によって「全損」「大半損」「小半損」「一部損」の4段階に分かれていて、全損なら保険金額の100%、大半損なら60%、小半損なら30%、一部損なら5%が支払われることが規定されています。

 

また地震保険は火災保険に付帯して契約する保険なので、単独で契約することができません。必ず、火災保険とセットで加入することになります。火災保険への加入時に補償対象を「建物のみ」「家財のみ」「両方」から選択することになりますが、地震保険もその対象が引き継がれます。

 

地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の30~50%の範囲内で設定することが決められています。なぜこのような規定があるのかというと、地震による損害は大きくなることが多いため、相当する保険金をすべて支払うのは民間の保険会社にとって難しいと判断されているからです。そのため、地震保険の運営には国も関与し、半官半民の保険となっています。

 

火災保険・地震保険の賢い選び方

1183830

では、火災保険と地震保険を選ぶときはどのようにすれば良いのでしょうか。無駄のない保険を組むためのポイントを見ていきましょう。

 

火災保険の選び方は「補償」と「保険料」のバランスがポイント

 

火災保険を選ぶ際に気をつけるべきことは、補償と保険料のバランスを取ることです。火災保険は、各損害保険会社から様々な商品が販売されていますが、コストパフォーマンスを優先した結果、補償が足りなければ意味がありませんし、逆に不要な補償をどんどんつけていくと保険料も高くなってしまいます。

 

そのため、自分が何のために火災保険に加入するのか、どのようなリスクが高いのかを検討してから、それに合わせた火災保険に加入することが重要になります。

 

例えばですが、マンションの上階に住んでいるのに水害に対する補償をつけるのはあまり意味がありません。火災保険はカスタマイズがしやすい保険ですので、必要な補償だけを選んで不要なものを外していくと保険料も安くなります。

 

また、住宅を購入した時に「建物」を補償対象にした時に建物の「評価額」と「補償額」が見合っているかも確認しましょう。火災保険は建物の評価額以上の保険金は支払われないので、建物の評価額が1000万円にも関わらず補償額2000万円の保険に加入することも、保険料の無駄になってしまいます。

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

メールでお問い合わせする

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

 

インターネット割引や長期割引を利用する

 

保険料は補償によって変化するので、火災保険に関しては相場がいくらというのは難しいところです。しかしながら、一般的には店舗で申し込むよりもインターネットで申し込んだ方が割安だといわれています。多くの保険会社がインターネット割引を採用しているので、火災保険の見積はインターネットで一括サイトなどを活用すると便利でしょう。複数の保険会社の見積を比較することで、希望している補償に対する保険料の相場がわかってきます。

 

また、火災保険は最大10年までの長期契約ができるのですが、火災保険は契約が長期になればなるほど保険料が割安になるので、できる限り長期間の契約をすることをおすすめします。しかしながら、契約期間を長くすると契約内容を忘れがちなり、見直しをなかなかしないというリスクもあるので、契約期間はライフスタイルに合わせて慎重に決めましょう。

 

地震保険は選択の余地なし?

握手

上述の通り、地震保険は火災保険とセットで加入することになるものです。そのため、火災保険と同様に地震保険は検討することはできないのか、という疑問を持つことでしょう。しかし、その心配は無用です。

 

実は、地震保険は国と各保険会社が共同で運営していることから、補償内容・保険料ともに都道府県ごと・建築様式ごとに各社で統一されています。よって、地震保険については他社との比較をする必要はありません。保険料は所在地と建物によって変わります。

 

地震によるリスク度に応じて、都道府県によって1等地(リスクが低い=保険料が安い)~3等地(リスクが高い=保険料が高い)の3区分があります。保険料の高い3等地にあたるのは現在のところ、茨城・埼玉・千葉・東京・神奈川・静岡・徳島・高知といった首都圏直下型地震と南海トラフ地震の被害を受ける可能性が高い都道県なっています。

 

また、建物が木造もしくは非木造かのどちらかによっても、保険料が変わります。ちなみに地震保険は不定期でありますが、区分の見直しや保険料の見直しが行われるため、今後保険料が変動する可能性はあります。

 

このように、地震保険はどこの保険会社で加入しても同じなので、保険金額をいくらに設定するかの判断だけになります。ちなみに地震保険の保険金額は火災保険の金額によって左右されます。この点については口述します。このようなことから、まずは火災保険においてどれだけ無駄なく有効な契約を結べるかに注力するようにしましょう。

 

火災保険と地震保険はセットで加入しましょう

 

このように、火災保険と地震保険では様々な違いがありますし、それぞれの存在理由や加入すべき理由もおわかりいただけたかと思います。万が一の時に自分に降りかかった被害から自分を守るためにも、火災保険には必ず加入するようにしましょう。その際には、補償と保険料のバランスがしっかりとれているかを確認しましょう。

 

また、火災保険では地震の被害は補償されないので、地震保険への加入も前向きに検討しましょう。地震保険は火災保険と違い補償内容や保険料の差がないことから、まずは適正な火災保険を契約することを大前提としましょう。

 

 

お問い合わせはこちら!!!!

ogp