お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

見積もりによく出る棟板金とは?屋根のもっとも高い所を「棟」と呼びます

2020年01月24日 公開

棟板金

屋根の修理工事でよく聞く棟板金って何?

屋根のもっとも高い所を棟(むね)と呼びます、そこについている板金なので棟板金。棟板金の材料のメインはガルバリウム鋼板というものです。
屋根の上が棟板金そこから屋根の構造状水を流すために下がりますが、下がってくるところも当然板金が必要なのでそれを下り棟や隅棟などとも呼びます。

トタン屋根

そのほかにはトタン屋根やシングル屋根ガルバや瓦屋根の形状や使う材料にもよって使用する材料は細かく変わります。屋根を葺き替えたりする場合は屋根は既存がカラーベストで今回はガルテクトで重ね葺きをしている場合屋根の高さが変わってきます。

雨樋のオバーフローに気をつけよう

雨樋よこ

なので雨樋も交換しないとオーバーフローしてしまう可能性があります。
オーバーフローとは簡単に言うと樋から水が溢れ出す事を言います。これは樋がきちんと勾配が取れていなかったりして水がきちんと竪樋に流れないと溢れ出したり、樋の支持金具が折れたりします。

そうすると樋の役目がなくなるので一度樋を撤去したりなど支持金具をやりかえたりします。撤去したら新しい受け金具を端と端につけチョークラインで墨出しをし勾配をつけたら残りの金具をチョークラインに合わせて取り付けます。チョークラインとは「チョークライン・墨つぼ」とは、定規で線を引くのは不可能な、数メートルもの長い直線をピシッと引くことができるアイテムです。