お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

火災保険で雨漏りを修理する場合の調査方法や適用条件、保険申請の手順

2020年5月8日 公開

雨漏りの修理に火災保険が適用されると聞けば、使いたいと思う人は多いのではないでしょうか。

ただし、保険金が下りるには適用条件に当てはまり、なおかつ保険会社の雨漏り調査の審査を通らなければなりません。

本記事では雨漏りと火災保険の関係を含めた、以下の点について詳しく解説します。

目次(▼タップで項目へジャンプします)

ぜひ当記事を参考に、「家の雨漏りに火災保険を使えるのか?」の正しい判断ができるようにしましょう。

今なら問い合わせの申込で、5000円キャッシュバックキャンペーン中!
お申込み、お待ちしております!

LINE友だち追加
※LINE@もご登録頂ければもっと詳しくなれます。
※全国建物診断サービスは、修繕工事を通常通り行っています。
※コロナウィルス対策を徹底しています。

雨漏り修理に火災保険が適用される条件

保険


火災保険という名称から「火事にしか使えないのでは?」と思われがちですが、実際はさまざまな自然災害で受けた損害の補填に使えます。

雨漏りの原因でとくに多いのは、主に以下4つの自然災害です。

 風災
 雪災
 雹災(ひょうさい)
 地震

上記以外には火災・落雷・爆発なども対象になりますが、洪水などの水害は適用外なので注意してください。

ただし火災保険より補填範囲が広い「住宅総合保険」に加入していれば、水害や盗難などの被害に対しても保険金が受け取れます。

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

メールでお問い合わせする

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

風災

台風や竜巻、強風が原因の被害は火災保険の対象です。

風が原因の破損だけでなく、飛来物による破損に対しても保険が下ります。

具体的な被害例は以下の通りです。

 台風で瓦や漆喰が剥がれた
 暴風で雨樋(あまどい)が破損した
 風で飛んできた瓦で屋根が壊れた

風が原因の破損は、雨漏りの原因としてよく挙げられます。

雪災

雪の重みによる屋根の破損や雪崩による被害なども、火災保険の対象です。

雹災

雹(ひょう)で受ける被害も、火災保険の対象です。
ときには大きな氷の塊となるため、破損につながりやすい災害といえます。

具体的な被害例は以下の通りです。

 雹で天井の窓が割れた
 大きな雹で屋根が破損した

雪の被害だけでなく、雹の被害でも保険が下りることを覚えておくと、いざというときに便利です。

地震

地震被害に対して保険を適用するには、火災保険と一緒に地震保険に加入する必要があります。

単体での加入はできないので、契約時に地震保険も入っているか事前にチェックしてみましょう。

具体的な被害例は以下の通りです。

 地震で外壁にひびが入った
 地震が原因の津波で外壁が破損した

地震保険は噴火や津波の被害も補償してくれますが、火災保険の30~50%までと法律で決まっています。

ただしソニー損保の保険のように、上乗せ特約で100%を補償する保険商品も存在します。

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

メールでお問い合わせする

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

火災保険が適用されないケース

火災保険は自然災害に対して保険金が下りますが、それ以外では適用されない場合も少なくありません。

以下のケースは、火災保険の対象外です。

 経年劣化や過失で破損している
 損害額が免責金額以下もしくは20万円以下である
 被害から3年以上が経過している

保険会社の調査時に上記があると判断されると、保険金は受け取れなくなります。

火災保険の申請前に、信頼ある業者に見積もりや雨漏り調査を依頼して正しい判断をしてもらえるようにしましょう。

火災保険で修理する場合の4つの雨漏り調査方法

店舗の写真 (1)

火災保険で雨漏りの修理費をまかないたい場合、その雨漏りが本当に補填の対象になるのか事前調査が必要となります。

主な調査方法は以下の4つです。

1. 目視調査
2. 散水調査
3. 発光液調査
4. 赤外線サーモグラフィー調査

雨漏りの調査は、雨漏り診断士という資格もあるほど、専門的な知識が問われる調査です

素人では難しいため、専門の業者に依頼するのが一般的でしょう。

目視調査

目視の名の通り、調査員が目で破損箇所を直接チェックし、雨漏りがないかを確認する方法です。

屋根の上や屋根裏部屋、住宅の内外壁など、住宅全体をくまなくチェックします。

腕と経験が問われる基本作業であることから、目視調査の経験の大小は、依頼業者のレベルを見る1つの試金石になるでしょう。

ただし目視だけでは完全な特定が難しく、他の調査方法を組み合わせるのが一般的です。

費用は無料から3万円程度で、「無料の雨漏り調査」といえば大抵は目視調査のことです。

目視調査のメリット

使用する器具や事前準備が少なく、無料で気軽に依頼できるのが大きなメリットです。

経験ある腕のよい業者であれば、目視だけでも信頼できる調査結果が得られます。

また、目視調査の正確さがその後の調査精度を高めてくれるため、精度の高さは全体の工事の進捗にも関わってきます。

目視調査のデメリット

精度や信頼度が業者次第で大きく変わる点がデメリットです。

目視調査が苦手な業者であれば、その後の調査の精度も疑う必要が出てきます。

また、雨漏りが疑われたときは目視調査だけでなく、より正確な他の調査方法も組み合わせなければなりません。

散水調査

「ここが雨漏りしている箇所かな?」と目星をつけ、その場所に水をかけてチェックするのが散水調査です。

雨水の侵入が疑われる箇所にシャワーなど水圧がかからない方法で散水し、水の侵入具合を見ます。

ただし、水をかけるだけではなく「本物の雨を再現できるか」が肝になるため、素人による実践は大変難しい調査方法です。

 目視調査で立てた雨漏り箇所の仮説
 水量
 水の向き
 養生
 建物の構造

散水調査には、上記に関する深い知識や経験が必要になります。

費用は最低でも3万円、足場を組むなどの作業が発生する場合は18万円程度が相場です。追加で、水道料金がかかります。

散水調査のメリット

雨漏りの再現性が高いことから、漏れの箇所特定や原因を追求するための手法として優れています。

とくに技術力あるベテランの散水調査なら、雨漏り箇所の特定も正確に行ってくれるでしょう。

雨漏り調査の代表的な方法です。

散水調査のデメリット

調査の規模にもよりますが、作業時間が半日~1日かかってしまうのがデメリットです。

長いと2、3日かかる可能性があります。

また漏れの箇所次第では足場を組む作業も必要になり、その場合は足場分の追加料金も支払わなければなりません。

もし散水調査で雨を再現できない場合は、発酵液調査や赤外線サーモグラフィーを併用します。

発光液調査

発光液調査とは、雨漏り調査用の調査液に発光塗料を入れ、雨漏りが疑われる箇所に流し込む調査方法です。

屋内から該当箇所に紫外線を当てて検査液を光らせることで、検査液の侵入箇所や流れた経路を特定します。

もちろん建物・人体ともに無害かつ、数日で発光が止まる検査液を使用するため、住宅に影響を与えません。

費用の相場は、10~25万円を見込んでおきましょう。

発光液調査のメリット

検査液自体が発光するため、目視確認による雨漏り箇所の特定が簡単になります。

また、散布する箇所ごとに発光塗料を変えることで、雨漏りの箇所ごとに色分けもできます。

こうした複数の雨漏りの発見に、発光液調査は最適な方法です。

散水調査と違い、雨の日にも実行できるのもメリットといえるでしょう。

発光液調査のデメリット

業者が質の悪い検査液を使うリスクがある点は考えておきましょう。

調査前に、検査液の退色性や腐食性について確認が必要です。

また、散水調査より費用がかさむ点もデメリットとして挙げられます。

赤外線サーモグラフィー調査

赤外線サーモグラフィー調査とは、高感度の赤外線カメラを利用し、疑わしい箇所の温度変化で雨漏りを見つける調査方法です。

たとえば住宅に雨水が侵入している箇所や水を吸っている断熱材は、周りと比べ温度差が生じます。

その温度変化をサーモグラフィーで察知し、雨漏り箇所を特定します。

費用は最低でも18万円、多いと35万円ほどかかるのが一般的です。

赤外線サーモグラフィー調査のメリット

サッシや窓周辺の雨漏りを発見するには、赤外線サーモグラフィーがとくに適しています。

機械で判別するため、正確な結果が期待できるでしょう。

赤外線サーモグラフィー調査のデメリット

4つの雨漏り調査方法のなかで、もっともコストがかかる点がデメリットです。

また、三脚を立てて外から確認することが多く、周囲が住宅に囲まれている場所や隣の家との距離が近い住宅の調査には向きません。

雨漏りの原因

住宅の雨漏りの原因は多く、さまざまな角度から検証しなければ特定は難しいです。

ここでは、雨漏りの原因箇所として多い、以下3つのケースをご紹介します。

1. 屋根の割れやひび
2. ベランダの防水膜の破損
3. サッシ枠などの窓際からの漏れ

普段の点検やメンテナンスでも、上記の箇所を重点的に確認し、早めに雨漏り対策を講じることをおすすめします。

屋根の割れやひび

雨漏りのなかでも思い浮かびやすい屋根関係のトラブルとして、割れやひびがあります。

屋根は自然災害の影響を直接受けやすく、住宅の一番上の部分という特性により、屋内に雨水が侵入しやすい箇所です。

屋根の割れやひびの主な原因には以下があります。

 台風の風で瓦や漆喰が剥がれる
 劣化で屋根材にひびが入る
 地震の振動で瓦がズレる

屋根は外的要因・経年劣化の双方の面でダメージを受けやすい、デリケートな部分といえます。

日頃からのメンテナンスや、雨漏りしやすそうな箇所のチェックを怠らないようにしましょう。

ベランダの防水塗膜の破損

ベランダの壁や床部分の防水塗膜(ぼうすいとまく)のトラブルも、雨漏りの原因としてよく挙げられます。

 経年劣化によるひび割れ
 風による飛来物がぶつかって破損
 排水溝詰まりによる雨水の侵入

手が届く範囲であれば、コーティング補修や下地張替えなど、普段からのメンテナンスが可能です。

サッシ枠などの窓際からの漏れ

サッシ枠のトラブルにより、窓とのすき間から雨漏りするケースもよく見られます。

雨漏りが続くと、枠や内壁などの腐食が進む恐れがあるため、早めの対処が大切になります。

 サッシ枠周辺の外壁のひび
 コーキングの劣化
 窓とサッシ枠のすき間から吹込み

小さなひびやすき間でも侵入しやすい箇所なので、サッシの枠周辺も定期的にチェックを行いましょう。

雨漏りの調査費用は火災保険で支払えるの?

損害に対しては保険金が下りる火災保険ですが、雨漏りの調査費用をまかなえるかは保険商品によって違います。

雨漏り調査費用で利用できる主な保証は以下の通りです。

 損害原因調査費用保険金
 修理付帯費用保険金
 水漏れ原因調査費用

水漏れ原因調査費用はマンションの火災保険によく付けられています。

原因が経年劣化で保険金が下りない場合でも、調査費用は支払われるパターンもあるので、契約中の保険商品を確認してみましょう。

火災保険の申請方法と保険が下りるまでの5ステップ

ここからは雨漏りの修理に火災保険を使うために行う、調査から申請、保険金給付までの流れを5段階に分けて解説します。

1. 修理費用の見積もりを取る
2. 保険会社・保険代理店に連絡する
3. 必要書類を揃えて申請する
4. 保険鑑定を受ける
5. 保険金が振り込まれる

申請には複雑な手続きや書類作成の手間があるため、修理業者にも手伝ってもらいながら進めるのがおすすめです。

火災保険で雨漏り調査や修理をする際の注意点

雨漏りの調査や修理を火災保険でまかないたいときは、業者に依頼する前にいくつか注意点があります。

業者選びは、以下2点に気をつけましょう。

1. 信頼おける業者の選び方を知っておく
2. 悪徳業者に騙されないようにする

業者の良し悪しは雨漏り工事の良し悪しに直接関わるので、以下の要点を必ず押さえるようにしましょう。

信頼おける業者の選び方を知っておく

雨漏りの調査や修理には専門知識とスキルが必要になるため、雨漏り関係に強い業者を選ぶようにします。

もし能力のない業者に依頼してしまうと、補修工事がうまくいかなかったり、火災保険の申請が通らなかったりとトラブルを抱えてしまうでしょう。

 雨漏り調査・修理の経験は豊富か
 火災保険に関する知識は持っているか
 工事後のアフターケアや保証は万全か

上記の部分は、会社のホームページや口コミのチェックなどで事前確認することをおすすめします。

悪徳業者に騙されないようにする

雨漏りの工事や火災保険が関わる業者のなかには、悪徳業者が少なくないのも事実です。
悪質な業者として以下の事例が報告されています。

 申請を代行すると言って申請をしない
 必ず通ると言った申請が通らず解約料だけ請求する
 屋根に不具合があると騙して無駄な工事をする

過去には手数料や工賃を騙し取る業者について、独立行政法人国民生活センターから注意喚起がされました。

騙されないために、契約書や調査手順などを必ず確認しましょう。

火災保険での雨漏り調査や修理は専門業者に依頼しよう

雨漏り修理に火災保険を適用するには、調査や修理を信頼ある専門業者に頼むことをおすすめします。

 雨漏り調査は専門知識が必要だから
 詳しい状況の説明が必要だから
 悪質な業者とのトラブルが多いから

雨漏りや火災保険に詳しい業者であれば、正確かつ詳細な説明や見積もりを出してくれるため、申請も通りやすくなるでしょう。

逆に経験がない業者や悪徳業者に依頼してしまうと、保険金が下りなかったりお金を騙し取られたりも考えられます。

信頼できる業者であるか、見極める目も必要です。



記事監修


kansyuu
【二級建築士】佐野 広幸
全国建物診断サービスのwebサイト監修の他、グループ会社の株式会社ゼンシンダンの記事も監修。火災保険申請を利用した修繕工事を広める事により、日本の「建物老朽化」問題の解決に貢献。