お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【東京都: 1,686,407円】「窓枠サッシの雨漏り」も自然災害なら火災保険で

2020年7月15日 公開

窓枠 雨漏り

▲窓周辺からの雨漏りにより腐食が見受けられます

【修理箇所】屋上、窓枠、外壁、他
【重視ポイント】依頼主のお話を詳しく聞き、雨漏り該当箇所は室内部分もわかりやすい丁寧な資料作成

雨漏りは屋根や天井だけで発生するものではなく、窓周辺から発生することも珍しくありません。台風がきっかけで、雨漏りが発生するようになり相談される方もいます。

窓からの雨漏りも放置しておくと、周辺の壁や窓枠の腐食が進行し、カビの発生がおこり衛生上もよくありませんので、早めに対処するべきでしょう。

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

メールでお問い合わせする

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

台風や豪雨発生の後は窓からの雨漏りにも注意

支払い証明窓枠

上記で紹介した建物に対し、火災保険金が支払われた証明書です。
令和1年の台風15号による被害として認められ、支払いが行われました。

窓からの雨漏りは、窓周辺の外壁のひび割れ・サッシの接着部分(コーキングやシーリングと呼ばれます)の損傷が原因となり発生するケースが大半です。

台風や豪雨発生後は、とくに相談が増える傾向があります。

全国建物診断サービスでは、火災保険を使って修繕工事を行うお客様からは、調査費用や資料作成費用は頂いていないため、0円で修理ができます。
また、電話やメールのほか、公式LINEのチャット機能を使って気軽に相談も可能です。

LINE友だち追加
※火災保険や工事に関する質問も受け付けております。

【窓の雨漏りに関連している記事】
サッシ廻りからの雨漏りは台風であれば保険が可能
割れたガラスも火災保険で直すことが出来ます。

全国に対応しています

全国建物診断サービスは全国に400以上の会員企業が存在し、幅広い地域での活動を実現しています。
今回紹介した「台風」以外にも、「ゲリラ豪雨」や「突風」による被害、「土砂災害」や「雪・ひょう」による被害などにも対応し、修繕工事を行います。

心当たりのある方は、ぜひ一度お問い合わせください。