お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【千葉県:2,259,547円】雨樋の改修で大雨の日も安心して過ごせます!令和1年の台風被害もご相談下さい

2020年7月19日 公開


雨樋のゆがみ

台風15号の強風により雨樋の大きな歪みが確認されました

【被害箇所】雨樋、竪樋、集水器、他
【重視ポイント】令和1年の台風15号により、雨どい全般に対して破損やゆがみ等の被害が発生。今後の大雨対策も考慮し、全て交換を実施。

雨樋のゆがみや破損を放置しておくと、排水が上手くいかず雨漏りの原因となってしまいます。
コーキング(シーリング)や止め具の交換だけで済む場合もありますが、強風で損傷が激しい場合は、後々のことも考えると全面的な改修工事がおすすめです。

火災保険は台風による被害(風災)も対象となっているため、雨樋の改修工事の費用を保険金で賄い、実費0円で工事が可能です。

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

メールでお問い合わせする

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

令和1年の台風もまだ火災保険申請ができます!

保険申請

上記で紹介した家屋に対し、火災保険金が支払われた証明書です。
令和1年の台風15号による被害として認められ、支払いが行われました。

支払い日は令和2年6月です。火災保険申請は過去3年に遡って可能なため、去年の台風で受けた被害についても承認される可能性があります。

火災保険は自動車保険と違い、何度申請しても月々の保険料が上がるということはないため、次の台風シーズンが来る前に申請し修繕工事をお勧めします。

気軽にご相談ください

全国建物診断サービスでは、電話やメールのほか、公式LINEのチャット機能を使って気軽に相談が可能です。お住まいの状況を説明し、火災保険の申請対象になるのか尋ねてみるのも良いでしょう。

台風がやってくると全国の工事業者が忙しくなってしまうため、住宅の被害に心当たりがある場合は、損傷が小さいうちに直しておき、体制を整えておくことをお勧めします。

全国建物診断サービスでは、火災保険を使って修繕工事を行うお客様からは、調査費用や資料作成費用は頂いていないため、実費0円で修理ができます。また、全国に協力業者があるため、お住まいの地域の優良企業が修繕工事を行います。

LINE友だち追加
※火災保険や工事に関する質問も受け付けております。

【全国建物診断サービスの修繕工事に関連した記事】
住宅の健康診断「ホームドック」とは
修繕工事完了までの全体の流れ