お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【千葉県船橋市: 1,684,591円】飛来物で窓ガラスが割れたら火災保険で直せます!

2020年9月8日 更新

飛来物で被害を受けたら写真を撮って証拠に!

窓ガラスの被害

▲飛来物によって窓ガラスが割れてしまった場合も火災保険の対象になります。
今回の事例では、台風時に雨樋や手摺、タイル、窓ガラスなど台風によって被害を受けた事例で申請を行いました。

もしも、飛来物によってお住まいに被害を受けた時は、応急処置の前に写真を撮っておくと証拠が残るため、保険申請が承認される可能性が大きく上がります。

タイルの被害

▲このように強風によりタイルが剥がれてしまった場合も火災保険の対象です。
こちらも補修工事の見積り作成と保険会社へ申請するための資料を丁寧に作成しました。

火災保険は自動車保険と違い、何度申請しても月々の保険料が上がることはありません。お住まいの地域で台風(台風ではなくても、強風により被害を受けた場合は対象です)があった場合は、気軽にご相談ください。

今なら問い合わせの申込で、5000円キャッシュバックキャンペーン中!
3万棟の実績があります!お申込み、お待ちしております!

LINE友だち追加
※公式LINEのチャットでご相談も可能です。

強風による被害は珍しいことではありません

千葉県船橋市支払い証明書

上記で紹介した千葉県船橋市にて、工事を行った住宅での火災保険の承認金額です。
近年、台風以外でも竜巻やゲリラ豪雨の時に同時発生した強風により雨樋が外れたり、飛来物で窓ガラスが割れてしまうことは珍しいことではありません。

このような自然災害を受けた時のために、火災保険の保険料を支払っているので、補償はしっかりと受けましょう。

無料で建物の調査を行います

被害が小さいうちに修繕を行っておけば、大きな台風や竜巻など突発的な自然災害が発生した時も、雨漏りなど生活に支障が出る深刻な状態を未然に防ぐことができます。

全国建物診断サービスの提携施工業者は、研修を受けた優良業者しかいませんので、安心して工事を任せてください。

火災保険を申請して修繕工事を行うお客様からは、調査費用や資料作成費用のいただいていないので、実費なしで修理ができます。

LINE友だち追加
※火災保険や工事に関する質問も受け付けております。

【窓ガラスの補修に関連した記事】
知っておこう! 自分でできるガラスや雨樋の応急処置法と火災保険活用での無料修繕