お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【東京都:300,000円】震災の8年後に地震保険の保険金がおりた事例

公開:2021年2月16日  更新:2021年4月13日

目次(▼タップで項目へジャンプします)

  1. ▼地震による被害で保険金がおりました
  2. ▼地震保険加入の注意点
  3. ▼心当たりのある方は当社団まで

【修理箇所】

  • 門扉(ジャバラ)
  • 基礎クラック

地震による揺れで門扉のジャバラが壊れ、その地面に細かいひび割れ(基礎のクラック)が地震保険の保険金でおりた事例です。

地震による被害で保険金がおりました

門扉とクラック

門扉とクラック

このお客様は他部分の被害もあり、2018年9月30日の台風24号での火災保険申請をされました。

屋根や雨樋の破損に関しては火災保険金が298,188円おりたのですが、
こちらの門扉やクラック部分は保険金がおりませんでした。

そのため、改めて地震保険の申請をされたのです。

LINE友だち追加
※毎週知って得する情報を更新しております、是非登録を。

クラックの原因を突き止めた結果、
2011年3月11日の東日本大震災が事故日として保険金が承認され300,000円おりました。

保険金証明

保険法では、地震保険の時効は3年になっています。
しかし、災害の規模によっては特例措置が受けられる可能性があるのです。

こちらの手続きはなんと、東日本大震災から8年後である令和1年5月28日に行われました。

東日本大震災はとても規模の大きい地震だったため、このように8年後に保険金がおりることもございます。

工事完成

工事完成

工事では、一度解体をし、新たに基礎を固めることと、門扉の交換を行いました。
おりた保険金内での工事を行っているので、お客様からいただくお金は0円で修繕いたしました

地震保険加入の注意点

ここで注意点ですが、

  • 火災保険のみの加入の場合、地震が原因となった火災では被害が補償されないのです。
  • 地震保険は火災保険とセットで契約する必要があるため、単独では契約できません。

今後、いつ起こるかわからない地震に備えるために、地震保険に入ることを検討してみてはいかがでしょうか。

地震保険に加入中の方で、心当たりのある方は、当社団に一度ご連絡ください。

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

メールでお問い合わせする

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

心当たりのある方は当社団まで

一般社団法人全国建物診断サービスでは、11万棟以上の実績があり、全国に提携業者は1450社以上です。

全国で無料診断が可能で、おりた保険金額の範囲内で工事を行います。
追加工事の要求等は行いません。工事内容については、金額内でおさまるように、事前にお客様と丁寧な打ち合わせを行います。

今回のような地震による被害だけでなく、火災、台風、豪雨、突風など、幅広く対応しております。
ぜひ一度お問合せください。



記事監修


kansyuu
【二級建築士】佐野 広幸
全国建物診断サービスのwebサイト監修の他、グループ会社の株式会社ゼンシンダンの記事も監修。火災保険申請を利用した修繕工事を広める事により、日本の「建物老朽化」問題の解決に貢献。