お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

割れたガラスも火災保険で直すことが出来ます。※全国対応

エクステリア【ガラス】
新築・中古を問わずマイホームを購入した際に、不動産会社から加入を薦められるのが火災保険です。
この火災保険は、賃貸物件に入居する際にも加入ができます。
しかし、火災保険の契約内容をしっかり確認しないまま契約してしまうケースも多く見られます。

火災保険は、その名の通り火事が起きた際に住宅や家財の補償をしてくれる保険ですが、被害が起きた原因は自然災害など多岐に渡っています。
そのため、火災保険の契約内容を把握しておくと、自費で賄おうと思っていた修理代も火災保険を活用することでタダになるかもしれません。
例えば、ガラスが割れてしまった場合も、その原因が火災保険でカバーできる範囲であれば保険金で修理できるのです。

友だち追加
※LINE@も登録お願いいたします。

火災保険とは何か

火災保険

では、そもそも火災保険とは何なのでしょうか。

せっかく保険料を払うのですから、その内容を理解しておかないと損をしてしまうかもしれません。

火災保険は、火災の時の補償はもちろんですが、ほかの要因による被害の補償もたくさん付いています。この火災以外の補償は保険会社によって若干の違いがあるものの、基本的な補償に関してはほとんど一緒と考えてよいでしょう。

 

火災保険では、火災以外にも自然災害による被害の補償が受けられますし、盗難被害の補償がついているものもあります。

 

まず、火災時の補償については、自分の家が出火元になった場合だけではなく、隣家が出火元で燃え移った火事や、消火のために放水して部屋が水浸しになってしまった被害も火災保険の対象になる場合があります。

これは民法の「失火法」という法律に基づいて、故意・重大な過失がない場合は出火元の住人の弁償義務が免除されるからです。

もし、出火原因が隣の家で自分の家が焼けてしまったとしても、出火原因となった家が火災保険に加入していれば隣の家は補償されますが、自分が火災保険に入っていなければもらい火の被害は補償されません。

このようなケースは、いつ起きるかわかりませんので、火災保険に入っておくことは文字通り「保険」となるわけです。

火事以外の補償はどうでしょうか。

風や雪、雹などの自然災害によって住宅・家財に被害が出た場合も火災保険で補償されます。

例えば、風で屋根が吹き飛んでしまった、雷が落ちてガラスが割れてしまった、雪によってカーポートがつぶれてしまった、なども補償の対象になるのです。

キッチンやトイレが複数階に渡っている戸建てや共同住宅では水漏れの可能性がありますが、この被害も火災保険を活用できます。また、オプションで盗難の被害が補償対象となる火災保険もあります。家財や現金が盗難にあった場合はもちろん、盗難がなかったとしてもガラスが割られてしまった場合も対象となります。このように、火災保険は火事以外の様々な被害をカバーしてくれるのが一般的です。

火災保険のメリット・デメリット

竜巻

火災保険を取り扱っているのは、保険会社とその代理店です。

生命保険や損害保険を取り扱っている会社・代理店であればほぼ火災保険を扱っていると考えてよいでしょう。

また、新築物件を購入した際は、銀行などの金融機関で加入手続きをするケースもあります。

賃貸物件の場合は、不動産会社で加入手続きをするのが一般的です。

賃貸物件は、契約条件に火災保険に加入することを義務付けていることがほとんどですので、不動産会社で加入手続きを進めることが多くなります。

とはいえ、すぐに契約するのではなく保証内容を確認しておくことが大切です。

ここで火災保険のメリットとデメリットを見ていきましょう。

e9dbf522785d7e9a50ee5576bf850ec2_s

メリットは、火災による被害以外にも自然災害などの被害も補償してくれるところでしょう。特に最近は台風の強大化、ゲリラ豪雨、突然の大雪など予想できない自然災害も多いので、火災保険に加入しておくと何かの時に役立ちます。また、自動車保険のように保険を使うと掛け金が上がってしまうということがないこともメリットです。火災保険には等級が存在しないので、何度申請しても保険料はそのままです。

また、過去3年の被害までさかのぼって申請できるのも特徴です。

事後申請チラシ3

もし、火災保険が適用されることを知らずに自費で修理をしてしまったとしても、3年以内であれば被害時の写真や証明書などで被害を証明できるのであれば火災保険を請求できます。

逆にデメリットといえるのは、申請手続きが煩雑であることです。

被害の状況を保険会社に伝えなければ火災保険の申請はできませんが、状況を説明するためには屋根に上ったり、写真をたくさん撮ったりする必要があるかもしれません。

また書類も専門的なため、自分ひとりで申請するのは難しいのが現状です。

そのため、火災保険の申請に慣れている修理会社を活用することをおすすめします。

また、もうひとつのデメリットは申請が通らないことがあることです。

保険会社には被害がどのような状況で発生したかを説明する必要がありますが、あいまいなまま進めてしまうと虚偽の申請をしているのではと懐疑的な目で見られてしまうことがあります。

そして最後に地震の被害には使えないという点です。

地震が起こった後に火事になったとしても、原因が地震と判断されると火災保険は適用されません。

地震による被害の補償は、火災保険とセットで加入する地震保険で賄うしかありません。しかも、この地震保険の補償額は火災保険の30~50%となってしまうことも注意が必要です。

ガラスが破損した!火災保険活用例

エクステリア【ガラス】-001

エクステリア【ガラス】-002

その火災保険ですが、屋根や外壁以外にも窓ガラスなど細かい被害についても活用できることがあります。

しかしながら、現状は小額の被害は自費で直してしまうことが多いようです。

とはいえ、契約内容次第ではこのような細かい修理も補償される可能性があるので、補償内容を確認しておくことが大切です。

火災保険が適用されるかどうかのポイントは「原因」

※給排水設備も同じです。  給排水設備の事故は予測つかない突発事故かどうかが大事

では、どのようなケースで火災保険が適用されるのでしょうか。せっかく火災保険に加入しているのであれば、最大限に活用しない手はありません。

① 風災補償
台風による風圧で窓ガラスが割れてしまったり、突風や強風によって何かが飛んできて窓ガラスにひびが入ってしまったりした場合の修理で、火災保険が適用されることがあります。

② 盗難補償
泥棒が窓を割って室内に侵入した時は、火災保険が適用されることがあります。

③ 予測できない突発的な事故
家財を移動させている時にうっかり倒してしまって窓ガラスが割れたり、子どもが遊んでいて何かを窓ガラスに向けて投げて割れたりした時は、火災保険が適用されることがあります。また、直射日光によりガラスが膨張して起こる熱割れによるひびも、火災保険が適用されることがあります。

このようなものも、火災保険の契約内容次第では火災保険で補償されます。

火災保険はその名前が誤解を生んでいる場合があるのですが、住宅や家財についての総合保険的な役割を果たしているものです。

今一度、火災保険の保険証書で契約内容を確認しておくことをおすすめします。

ひとりでにヒビが入る…ガラスの熱割れとは?

上記で、「熱割れ」も火災保険で補償される可能性があるということを紹介しました。

この熱割れ、特に寒い時期によく起こるものなのですが何なのでしょうか。

窓ガラスにひびが入る原因としては、何かがぶつかった・飛んできたというイメージでしょう。

しかし、この熱割れが原因でひびが入っている可能性もあります。直射日光を受けたガラスは、その日光の熱により温まった部分だけ膨張します。

逆に、日陰になっている部分やサッシで覆われていて日光の熱が届かない部分のガラスは温度の上昇がないことから、一枚のガラスの中で温度差が生じ、膨張する部分と膨張しない部分が出てしまうためひび割れが発生します。これが熱割れです。

夏場よりも冬場の方が気温差が激しくなるために、寒い時期によく起こる現象として知られています。

それでは、なぜこの熱割れに火災保険が適用されるのでしょうか。それは、火災保険の「不測かつ突発的な事故」という補償内容が考え方の基本となっているからです。熱割れは、加入者が予想できずに起こるものと考えられるので、火災保険で補償されるという考え方が成立するのです。

同様に、鳥が勢い良くガラスに突っ込んできてしまい窓ガラスにひびが入った時も同様の考え方をします。突然ガラスの外で「コツン!」という音がして外を見てみると、鳥がフラフラしていることがあります。これは、鳥がガラスの存在に気付かず突っ込んでしまい、脳震盪を起こしているからです。このようなケースでガラスにひびが入った時も、火災保険が適用されることがあります。

知っておきたいガラスの種類

それではここで、住宅で使用されるガラスの種類を紹介しましょう。

フロートガラス

無色透明な一般的な板ガラスです。

網入りガラス

ガラスの中に網ワイヤーを通すことで強度を高めたガラスです。破損した時に飛び散りが防止されます。

強化ガラス

熱・風に強い、厚みのある強度を上げたガラスです。テーブルやガラス貼りのオフィスなどでよく使用されています。

高透過ガラス

透明度が高いガラスです。ショーケースなどで使用され、光の反射を抑えて中がよく見えるような構造になっています。

ミラーガラス

マジックミラーとも呼ばれる、片面が鏡のようになっている特殊なガラスです。鏡のようになっている面からは、中が見えません。

合わせガラス

特殊なフィルムを挟んで、複数枚のガラスを貼り合わせて1枚のガラスにしたものです。ガラスの強度が高まり、割れた時に飛び散らずにクモの巣のようなひびが入る仕様になっています。車のフロントガラスや、防音ガラスや防犯ガラスによく使用されているガラスです。

ペアガラス(複層ガラス)

2枚のガラスの間に、空気が入る隙間を空けた窓ガラス用のガラスです。空気を入れることで、断熱効果と結露防止効果が高まります。通常のペアガラスの場合は厚くなるのでサッシの交換が必要になりますが、最近は厚みを抑えたスリムタイプのペアガラスも登場しています。中間の空気層を真空にした真空ガラスという商品もあり、これは最強エコガラスと呼ばれ高い断熱効果を発揮しますが、コストが高いというデメリットもあります。

薄板科学強化ガラス

テレビやモニター、スマートフォンなどの液晶画面に使われるガラスで、タッチパネルに対応しているものなどがあります。画像をより鮮明に見せるガラスも開発され、どんどん新製品が登場するガラスです。

割れないガラス

見た目はフロートガラスと変わりませんが、素材はアクリル板を使用しています。ガラステーブルなどに使用されます。

ガラス以外にも火災保険は使える万能な保険

IMG_0925

プロが教える!! 雨漏りや屋根修繕で火災保険(住宅総合保険)を使う前に覚えておきたい全手法

このように、窓ガラスの被害についても契約内容次第で火災保険で補償されますので、ちょっとした修理でも保険金を活用できることがあります。

 

しかし、ここで注意しなければならないのが「免責金額」というシステムがあることです。

免責金額とは、被害に対して保険会社ではなく自己負担をする金額のことで、かつては「20万円フランチャイズ」という考え方があり、20万円以下の修理に関しては保険金が下りないということが一般的でした。

この免責金額は、火災保険の契約時に自分自身で決めるものなのですが、いくらに設定したかを覚えていない人がほとんどのようです。そのため、火災保険を申請した時に免責金額内だったために支払いが行われなかったというケースもすくなくありません。

特に窓ガラスの修理費用は、一般的なガラスで1万円前後と小額です。

強化ガラスでも最大で5万円程度が相場となっているのですが、免責金額は1~10万円内で設定されることがほとんどですので、免責金額内で収まってしまう可能性があるのです。

では、窓ガラスの被害の申請はなかなか通らないのでしょうか。

 

実は、窓ガラスだけの被害では免責金額の壁に阻まれる可能性があるのですが、ほかの被害と組み合わせることで同時に申請することはできます。

 

自然災害の場合は、ガラスに被害が出ている時は屋根や外壁などのほかの部分でも被害も出ている可能性があるので、それらの被害を一括申請することで免責金額以上の修理費にしてしまうのです。

もちろん、虚偽の申請はNGですが、補償対象と成る被害をまとめて申請することは合法です。

このような方法を使って、ガラスの修理にも火災保険が活用できるというわけです。