お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

なぜ火災保険は外壁塗装にまで使えるのか?プロしか知らない理由とは

2021年1月19日 更新

保険金額、交渉後の画像

「外壁が古くなってきた。そろそろ外壁塗装をやり直すタイミングだろうか…」
そんな時、火災保険を活用した外壁塗装を業者が提案することがあります。
「火事でもないのに…外壁塗装に火災保険?」と疑問に思われるでしょうが、実は火災保険が補償する範囲の条件さえ揃えば、火災保険を活用して外壁塗装を行うこともできます。

友だち追加
※もっと詳しく情報をお知りになりたい方はLINEのご登録をお願いします!

外壁塗装に火災保険を勧めてくる業者は怪しい?

しかし、当然この火災保険。虚偽申請などは絶対にNGのです。外壁塗装に火災保険を使う場合、火災保険の活用について詳しく、善良で優良な業者を見つけることが大切になります。

特に以下のような工事業者は、悪徳業者である可能性が高いので注意が必要です。

●外壁塗装の工事を強引に進める
●保険金請求(受取り)の代行を提案してくる
●サービスの契約書を出さない

このような問題行動は国民生活センターにも報告が挙げられています。

火災保険から下りる保険金は契約者本人のみが受け取るものなので、受取人が修理業者になるように勧めてくる場合、100%怪しいと疑ったほうが良いでしょう。このような怪しい話を持ちかける業者と進めていくと、外壁塗装の工事を自分たちが推薦する会社に依頼するように仕向けてきます。

外壁塗装などの工事を修理業者が受注したら、紹介をした業者へ「斡旋(紹介)手数料」という名目で保険金の一部を支払います。いわゆる“キックバック”です。建築リフォームなどの業界において詐欺や悪徳業者は「屋根修理に多い」といわれていますが、実は外壁塗装においても少なくありません。

しかし、そうはいっても外壁塗装などは専門業者にお願いしなければなりません。そこで、ご依頼主(家主)の利益を最大限に考えてくれる優良な会社を探し出すポイントを2つご紹介します。

チェックポイントは2つ

外壁塗装の修理業者

1つ目は、経営基盤・拠点のある地域での評判が良いかどうかです。
悪い噂が耐えない施工業者はまず避けた方が良いでしょう。特に、飛び込み営業を行っている会社はトラブルが多く、注意が必要です(もちろんすべてが悪というこではありません)。一方、地域密着型で地道に長く経営を続けているような会社は、地元の顧客との信頼関係が構築できていると考えられますので、信頼できる会社と考えてよいでしょう。

そして2つ目は、火災保険を使った外壁塗装の工事実績が豊富かどうかです。
ホームページを持っている業者がほとんどでしょうから、実績が掲載されていれば依頼する前に必ず施工事例などをチェックしましょう。しっかりとした実績のある会社であれば、外壁塗装に火災保険が適用されるノウハウもあるので、施工主さまにとって有益なアドバイスをしてくれることでしょう。

当法人 全国建物診断サービスの豊富な施工事例 ※全国 もご覧ください。

外壁塗装を終えた後でも火災保険の申請は可能

火災保険を使った工事申請サポート

皆さまは、実は外壁塗装工事が終わってからでも遡って火災保険が適用されることがあるということをご存知でしょうか?火災保険の請求期限は被害に遭ってから3年間有効とされています。火事が起きたり、自然災害によって外壁塗装に被害が出たりした日から3年以内に申請すれば、火災保険の保険金がおります。ただし、過去の損害の保険金を請求する際には、当時の被害状況がわかる写真や書類などが必要になりますので、以下のような書類を揃えておきましょう。

●各役所が発行する罹災証明書 ※共済連の場合
●工事を行う前の被害状況が分かる写真 ※あれば尚良し
●工事を行った修理業者の見積もり書

工事から時間が経ってしまっている場合は、「いつ・何が原因で・どのような被害を受けたか?」が証明できれば火災保険がおりる可能性は高くなります。とはいえ、「証拠がなければ絶対にダメ」というわけでもないので、まずは当法人まで一度お問い合わせください。

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

メールでお問い合わせする

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

 

外壁塗装の重要性

外壁塗装の工事画像

新築物件を購入した際に、不動産会社から「この外壁の寿命は●年くらいなので、そのタイミングで塗装をし直した方がいいですよ」とアドバイスされた人は少なくないと思います。それほど外壁塗装は住宅の寿命長持ちにとって大事です。

外壁塗装の大きな役割は、外壁部材を保護することです。外壁塗装を施すことで、外壁部材が保護されて外壁の耐久年数が伸びます。しかし、外壁塗装が寿命を迎えているのにそのまま放置してしまうと、その中にある外壁部材にまで悪影響が及び、結果的には外壁塗装だけをするよりも、多額の修理費用が嵩むリスクが出ます。

外壁や屋根は、住宅を風や雨、紫外線といった自然の猛威から守ってくれるものです。当然 屋外で吹きさらしですので、室内の部材と比較して劣化は早いです。一般的な外壁塗装の場合、10~15年に1度は塗装のし直しをする必要があるといわれています。外壁に以下のような現象が現れた場合は、塗装のし直しのタイミングかもしれません。

① チョーキング現象

チョーキング現象とは、外壁を軽く擦ると白い粉が付着する減少のことです。これは、外壁塗装の塗膜が経年劣化によって剥げることにより起き、塗料がむき出しになって起きます。この状態になると外壁塗装をやり直したほうが良いでしょう。

② ヘアークラック

その名の通り、髪の毛くらいの細いひび割れが起こる現象をいいます。チョーキング現象同様、外壁の塗料の経年劣化が原因で起こります。このヘアークラックを放置しておくと、外壁がボロボロと剥がれてきてしまいます。

③ コケやノロの発生

コケやノロが発生した時は、外壁塗装の塗膜が剥がれてきていることを意味します。というのも、塗膜が効果を発揮している時は、外壁表面がツルツルしているのでコケやノロが発生しづらいからです。コケやノロを放置しておくと、塗料はさらに剥がれ、やがて外壁部材は腐ってしまいます。

経年劣化によるものだけでなく、自然災害によって起こった可能性ももちろんあります。その際はとうぜん火災保険の対象になります。外壁塗装の工事業者に見積もりをお願いする際には、火災保険の活用をした外壁塗装のやり直したを念頭に置き、外壁塗装と、それから火災保険を使った修理工事の実績が豊富な業者に依頼すると良いでしょう。

もちろん当法人 全国建物診断サービスでも承っております。火災保険を使った修理、外壁塗装などもお任せください。まずはお問い合わせからお願いします。

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

メールでお問い合わせする

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

その他、火災保険を使った修理に関するおすすめ記事

プロが教える!火災保険請求のコツとは?雨漏りや屋根修理で火災保険を使う前に覚えておきたい全手法を公開!

 

数字から見る、火災保険が儲かる仕組み

さて火災保険は、どのように儲かる構造になっているのでしょうか。実は、以下のような計算式で成り立っています。

保険料の総額 + 運用益 > 支払う保険金の総額 + 保険会社のコスト

保険会社は保険料を株や不動産・為替などで運用し、運用がうまくいけば利益(運用益)が出ます。この保険料の総額と運用益が、支払う保険金の総額プラス保険会社のコストを加えたものより大きな額になれば、保険会社に利益が出る仕組みです。

ここでいう保険会社のコストの中には、保険会社の人件費や設備費だけでなく、代理店への手数料も含まれています。保険会社は、代理店が契約者と保険契約を結んでもらう手続きを代行してもらうために、一定の手数料を支払っています。逆にいうと、代理店の収入はこの手数料のみなので、契約交渉を必死に行うというわけです。

では、保険会社と直接契約すれば保険料が安くなるのでしょうか?答えは「No」で、多くの保険は直接契約ができないことになっており、直接契約できたとしても保険料に変わりはありません。

毒にも薬にもなる?保険代理店とは

保険代理店のイメージ画像

さて、保険代理店とはどのような存在なのでしょうか?さまざまな保険商品を取り扱い、契約者と保険会社の間に入り手続きを行うのが主な業務です。自動車の場合は、自動車会社とディーラーの関係、食品の場合は製造者とスーパーといった関係に近いです。

代理店の業務は以下の通りです。

  • 保険契約の締結・媒介・変更・解約全般
  • 保険証券や保険料の領収証の発行
  • 保険料の領収・返還
  • 契約者からの事故報告の受付と保険会社への報告の仲介
  • 保険金の請求手続きの補助

このように、保険会社と契約者の間に入り、複雑な保険契約のやりとりを円滑にするのが主な業務となっています。また、保険の契約関係だけではなく、事故やケガなどが発生した時には保険金の請求手続きや、事故通知の流れを作ってくれるなど、保険会社との間に入り保険金を受け取るまでのサポートをしてくれる存在でもあります。

保険会社は、内閣総理大臣の免許を受けて初めて保険業を営むことができ、保険商品を作って販売する時には金融庁の認可が必要になるなど、国が厳しく関連しています。その保険会社から委託を受けて業務をしているのが、保険代理店です。

一社の商品だけを扱っている代理店もありますが、その多くは複数の保険会社の商品を取り扱うことで、バリエーションに富んだ幅広い保険商品の中から、契約者のニーズに合わせた保険商品を提案するようにしています。

また、契約者の情報の管理や契約手続きも行うなど、個人情報も数多く取り扱いますので、いい加減な仕事をしてしまうとすぐに業務停止に追い込まれてしまいます。そのような代理店ですが、彼らに仲介してもらうメリット・デメリットはどのようなものなのでしょうか。

保険代理店を味方にするメリット

火災保険の説明を聞く夫婦

保険会社は自社で企画した保険商品のみを取り扱うことになりますが、代理店の多くは複数の保険商品を取り扱うので、契約者の状況に最適な保険商品を提案できます。保険の基本は、「保険会社で選ばないこと」といわれています。これは、保険というものはそれぞれの状況に応じてさまざまな組み合わせをすることが最善なので、保険会社ではなく保険内容で選ぶのがベストだと考えられているからです。

そして、一度加入した保険は短期で契約解除することはほとんどありません。そのため、代理店で保険契約をした時には、その代理店と長くお付き合いをしていくことになります。何かあった時の相談相手になるのが代理店であり、保険の乗り換えタイミングや新規加入に関するアドバイスもしてくれます。中には、地域密着型のサービスに特化して、お得な情報を仕入れている代理店もあります。トラブルが発生した時にすぐに対応してくれるのも代理店ですので、小回りが利く頼もしい存在です。この火災保険の申請で鑑定人交渉をしてくれる、良い代理店も少数ですがいます。

保険商品には、今回紹介している火災保険だけでなく、自動車保険や生命保険、医療保険や損害保険など多くの種類があります。目的に応じて様々な保険を契約することになりますが、ひとつの代理店を窓口にすることで複数の保険の管理も楽になります。

例えば、あるトラブルが発生して複数の保険契約が絡んでいる場合、保険会社が違うとそれぞれに連絡しなければなりません。しかし、代理店にすべての契約を取り持ってもらっていれば、代理店にトラブルを報告するだけで、代理店がすべてのやり取りを代理してくれます。代理店で窓口をまとめておくと、申請漏れのような契約者の不利益もなくなります。

保険代理店のデメリット

保険代理店のデメリットイメージ

一方、代理店のデメリットはどのようなものでしょうか。

インターネットやスマートフォンが普及したことで、契約者と保険会社が直接契約を結ぶことが簡単になってきました。最近では自転車保険やバイク保険も、コンビニエンスストアで気軽に加入できます。代理店を窓口にした場合、契約手続きを直接対面でやり取りしなければならなくなど、煩雑な作業が発生してしまいます。とはいえ、火災保険や生命保険に関しては代理店を仲介して契約することが一般的ですので、そのような種類の保険を契約する場合は代理店を頼るのが賢明です。

そして、これは保険業界に限ったことではありませんが、商品に対する知識の豊富さは販売する店とスタッフによってばらつきがあるのは仕方のないことです。

例えば、コートを買うにしても、そのコートのことだけを考える店員さんもいれば、靴やカバンとの相性まで考えてくれる店員さんもいることでしょう。これと同様のことは保険業界でも起こります。契約者に本当にマッチングした保険提案ができ、保険会社との仲介を円滑に行えるかどうかは代理店や代理店スタッフによって当然差が出ます。その道に通じたプロがいる代理店は実は多くないので、人気の保険営業マンには契約が殺到します。

上述の通り、代理店は保険会社からの手数料が収入となる仕事です。契約者と契約することが最優先にされることもありますので、その中でも本当に契約者のことを第一に考えた保険商品を提案してくれているかどうかが優良な代理店を探し出すポイントになります。

「そうは言っても保険のことは難しくてわからない!」という方は、当法人 全国建物診断サービスまでお問い合わせください。ご自宅の外壁塗装に火災保険が使えるのか。もし使えなかったとしても、外壁塗装の工事だけでももちろん承ります。キャッシュバックモニターキャンペーンも行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

メールでお問い合わせする

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

 



記事監修


kansyuu
【二級建築士】佐野 広幸
全国建物診断サービスのwebサイト監修の他、グループ会社の株式会社ゼンシンダンの記事も監修。火災保険申請を利用した修繕工事を広める事により、日本の「建物老朽化」問題の解決に貢献。