お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

バルコニーに異変を感じたら、雨漏りでも防水屋さんではなく申請屋さんに頼むのがベスト

「2階のバルコニーから雨漏りがする」

「雪の重みでバルコニーの屋根が壊れてしまった」

というように、自宅のバルコニーに異変を感じたときは、いったいどうすれば良いのでしょうか?

バルコニーが何らかの原因で損傷してしまったときは、防水屋さんではなく、ホームドックのような火災保険の申請屋さんに頼むのがベストです。それはなぜかというと、申請屋さんに頼むことで、火災保険を使って実質0円で修理できる可能性があるからです。その辺も合わせてご説明しましょう。

いまなら調査で5000円キャッシュバック

バルコニーが損傷してしまう原因は何?

kimg0021

バルコニーの異変といっても、いろいろなパターンがあります。ここでは、バルコニーが損傷してしまう原因の主なものをご紹介します。

バルコニーから雨漏りがした場合

1戸建ての住宅の場合、2階や3階のバルコニーから雨漏りがすることがあります。バルコニーは戸外に面しているので、雨や風の影響を受けやすく、雨漏りの原因になりやすいのです。ところが、室内ではないので目視する機会も少なく、損傷に気が付かずに「気が付いたら雨漏りしていた」というケースも少なくありません。

マンションの場合は、バルコニー自体が非常に丈夫なつくりになっているので、異変が起きたとしたら一大事です。
経年劣化か、または「台風で物が飛んできてバルコニーが壊れた」「竜巻がマンションを襲った」などの特別な理由で、雨漏りがする可能性はあるでしょう。
マンションのバルコニーは共有部分なので、自分で勝手に修繕することはできません。
修繕する際は、まず管理組合に連絡をしましょう。
関連記事:栃木県宇都宮市 防水工事 屋根瓦って見えないだけで壊れている

バルコニーが雨漏りする原因はさまざま

バルコニーから雨漏りする原因には、経年劣化もありますが、

それ以外に「笠木の損傷」や「防水シートの割れ・裂け」「壁のヒビ割れ」「排水口の詰まり」などがあります。

①笠木が壊れたら放置せず、すぐに修理を

野見山邸クラック補修
バルコニーから雨漏りする原因のひとつが、“笠木の損傷”です。笠木とは、塀や腰壁などの上部に取り付ける仕上げ材のことで、バルコニーの腰壁の上部に手すりのような形で付いています。素材はプラスチックや金属が多く使われています。

この笠木、何のために取り付けられているかというと、手すりとしての機能ももちろんあるのですが、“雨風からバルコニーを守って、躯体が腐食するのを防ぐ”という大きな役割も持っています。そのため、笠木が壊れてしまった場合はけっして放置せずに、すぐに修理をした方が家を長持ちさせることができます。

☆笠木の補修は、火災保険を使って実質0円でできる可能性がある☆
笠木が破損すると、たとえ小さな隙間からでも雨水が侵入し、雨漏りの原因になります。

バルコニーは戸外に面しているので、風水害など自然災害の影響で笠木が壊れてしまった可能性もあります。その場合は火災保険をつかって実質0円で修理できるので、防水屋さんに直接頼まずに、まずは火災保険を申請できるかどうか確認することが先決です。

プロが教える!! 雨漏りや屋根修繕で火災保険(住宅総合保険)を使う前に覚えておきたい全手法

② 防水シートの割れや裂けが原因で雨漏りするケース

■バルコニーの床部分は、防水のための特別な施工がなされている
バルコニーの床部分は戸外に面しているので、雨の影響を強く受けます。そのため、一般的な床とは異なり、防水のための特別な施工がなされています。床の内部には水が下に浸透しないための防水シートが敷かれ、防水塗装も施されています。このような防水層があることで、ベランダの床が傷んだり雨漏りしたりするのを防いでいるのです。

この防水シートが、経年劣化や台風・竜巻といった天災などによって、割れたり避けたりしてしまう場合があります。そうするとどうなるかというと、その割れ目や裂け目から水が浸透し、ベランダの床部分が傷んだり、雨漏りをしたりします。

☆防水シートの割れや裂けも、火災保険を使って実質0円でできる可能性がある☆

防水シートの割れや裂けも、笠木と同じように火災保険を使って実質0円で補修できる可能性があります。経年劣化の場合は火災保険の対象とはなりませんが、「台風で物が飛んできて、防水シートが破損した」「雹(ひょう)が降ってきて防水シートが割れてしまった」といった自然災害が原因の場合は、火災保険を使って修繕できます。

※防水シート以外の破損がある場合ですと、他の被害と抱き合わせでの申請になり、承認される確率がグッとあがります。

「いつ何が原因で防水シートが割れたのかわからない」という場合も、実は天災が原因だったとわかることもあります。防水屋さんに直接修繕を頼まずに、まずはホームドックなどの申請屋さんに依頼して原因をチェックすることで、火災保険を使って実質0円で修繕できるかもしれません。

プロが教える!! 雨漏りや屋根修繕で火災保険(住宅総合保険)を使う前に覚えておきたい全手法

③ バルコニーの壁にヒビが入って雨漏りするケース

kimg0031

壁のヒビは、軽く考えているとどんどん傷口が広がっていく

バルコニーの壁に塗装していた塗膜がヒビ割れし、そこから雨水が侵入して雨漏りを起こすケースがあります。「単なるヒビ割れだから」と軽く考えていると、どんどん傷口が広がっていくので、壁のヒビ割れを見たらすぐに修理することが大切です。

壁のヒビも、地震保険を使って実質0円でできる可能性がある

壁のヒビも、他の損傷と同じように地震保険を使って実質0円で補修できる可能性があります。
やはり経年劣化は地震保険の対象とはなりませんが、
「地震で壁の塗膜がヒビ割れした」「地震によって壁が破損した」というような自然災害が原因の場合は、地震保険の支給対象となります。
バルコニーにヒビが入っている場合、ほとんどのケースで外壁や基礎にも同じヒビが入っております。
そんなときは、地震保険申請で保険金が受給できるまでの流れで申請下さい。

④ 排水口が詰まって雨漏りするケース

阿見様  写真

排水口から流れなかった雨水が溢れて、室内に侵入

バルコニーの隅にある排水口が詰まって、雨漏りをするケースがあります。バルコニーの排水口は、外から入ってきた虫の死骸や落ち葉などが溜まって、いつの間にか口がふさがれてしまうことがあります。そんなときに大雨が降ると、排水口から流れなかった雨水が溢れ、外壁をつたって室内へと雨水が侵入するケースがあります。

但し、メーカー規定の水量よりも多く雨が降った場合に【オーバーフロー】による雨漏りの場合には火災保険が適用になったケースもありますので
まずはご相談下さい。

排水口の詰まりは、定期的な清掃で改善を

排水口の詰まりが原因で雨漏りしていた場合は、清掃してきちんと水を通してあげることで、雨漏りを改善することができます。日頃から落ち葉や虫の死骸などがあれば取り除き、年に一度はしっかりと清掃を行うようにしましょう。

ただし、長年にわたって排水口が詰まり、ずっと雨漏りをしていた場合は、躯体の状態がどうなっているかを点検する必要があります。ホームドックに連絡をすれば、バルコニーがどのような状態で、あとどのくらいもつかなどを、無料で調べることができます。

バルコニーそのものが損傷した場合

経年劣化や自然災害などによって、「雨漏りなどの症状はないけれど、バルコニーの部材そのものが損傷した」というケースもあります。

① バルコニーの屋根の破損

大雪や雹などで最も破損しやすいのが、バルコニーに取り付けた屋根です。「バルコニーの屋根やカーポートは、火災保険の対象外では?」と思っている人もいるのですが、そんなことはありません。自然災害であれば、火災保険の補償対象になります。

② 床の破損

バルコニーの床には、タイルやプラスチック、天然石、人口木など、さまざまな素材が使われています。経年劣化や自然災害などによって損傷する場合があり、損傷の原因が自然災害であれば、火災保険を使うことができます。

③ 腰壁や笠木の破損

経年劣化や自然災害、もともとの施工不良などによって、バルコニーの腰壁や笠木が破損する場合があります。自然災害が原因であれば、火災保険を使うことができます。

④ 防水シートの破損

防水シートもまた、経年劣化や自然災害などによって破損する場合があります。また、施工会社が安価な防水シートを使ってバルコニーを作った場合は、ちょっとした衝撃で破損してしまうこともあります。原因が自然災害であれば、火災保険を使うことができます。

⑤ 隣との仕切りの破損(マンションの場合)

マンションのバルコニーに付いている隣との仕切りは、防災用に簡単に破れるようになっているため、最も壊れやすい箇所のひとつです。そのため、強風で物が飛んできたりすると、すぐに壊れてしまいます。

このときにどう対処するかは、マンションの管理組合によってまちまちです。まずは管理組合に破損の報告をしましょう。また修理費用に関しては、管理組合が加入している保険が使えなかった場合は、隣家との接点であるためにナイーブな問題となります。慎重に話を進める必要があるでしょう。

こんな場合に火災保険が申請できる

e9dbf522785d7e9a50ee5576bf850ec2_s

台風や地震・などの自然災害が原因と認められた場合(突発的な飛来物なども可)

バルコニーの異変で火災保険が適用されるのは、

    • 「台風」
    • 「地震」
    • 「雪」
    • 「雨」
    • 「雹(ひょう)」

などの自然災害が原因で、バルコニーに異変が起きたと認められた場合です。

毎日バルコニーを眺めているわけはないので、何か異変を感じても、それが自然災害による原因で起きたのかどうか判断できない人も多いでしょう。「この壁のヒビは台風が原因だった」と自分で思っても、調べてみたらそうではなかったとわかることもあります。その辺はプロでなければ判断できないので、まずはホームドックなどの申請屋さんに調査を依頼することをお勧めします。

マンションの場合は、「バルコニー等修繕費用保障特約」を使える

学校校舎 イメージ
マンションの場合、バルコニーは共有部分なので、個人で入る火災保険の対象外になっています。ただし、保険会社によっては「バルコニー等修繕費用補償特約」を設けているケースもあります。もしその特約に入っていると、バルコニーの損傷に関しては、特約を使って修繕できます。

「マンションのバルコニーは共有部分だから、管理組合で修繕してくれるのでは?」と思っている人もいますが、それは管理組合によってまちまちです。建物にしっかりとした補償を付けていて、保険で修繕してくれるところもありますが、そういうマンションばかりではありません。

管理組合の規定は住民同士で決めるので、「管理組合の資産でも、実質的に所有者が管理している部分(専用使用権付共用部分)に関しては、所有者が修繕する」という規定になっている場合は、自分で修繕をしなければなりません。マンションのバルコニーに関する規定がどうなっているかを、確認する必要があるでしょう。

また、マンションのバルコニーの修繕に関しては、大規模修繕の際に防水シートの交換などを行うケースも数多くあります。その辺も含めて、管理組合に確認することが大切です。

火災保険を申請できるかどうか調べるなら、ご連絡を下さい

g_07_02

バルコニーを壊れたままにしている人は、要注意

バルコニーは屋根や雨どいなどと比べると被害に気付きにくく、たとえ気付いても直接生活には困らないため、「このくらいなら我慢できるだろう」とそのままにしているケースが数多くあります。

しかし、先ほどもお話ししたように、笠木などをそのままにしていると、家が早く傷んでしまうこともあります。火災保険がおりるのであれば、すぐにでも修理をした方が良いでしょう。

ホームドックなら、直接保険会社に連絡するよりも、火災保険がおりる可能性が高い

火災保険を申請できるかどうか調べるのに、直接保険会社に問い合わせる人が多いのですが、それはよく考えてから行動した方が賢明です。

なぜなら保険会社はできるだけ保険金を支払いたくないので、保険の知識がないままに連絡をすると、保険金がおりないか、おりたとしても少額になってしまう可能性があるからです。

 

火災保険を申請できるかどうか調べるなら、まずは「ホームドック」にご連絡ください。ホームドックでは、お客様からご依頼を受けると、高い技術力と豊富な経験を持つ一級建築士がバルコニーの診断に伺います。

家屋診断のプロが、知識と経験をもとにしっかりとした調査を行うので、損害部分を見逃したり間違えたりするようなことがありません。

 

保険が降りた後から交渉し金額が変わった事例

交渉営業
①三重県四日市市での雪害を交渉した事例
当初650万の認定でしたが、2階の大屋根は野地板やルーフィングも全て交換しないと雨漏りが防げない為、再度鑑定依頼し時間はかかりましたが最終900万と250万の金額UP。
②神奈川県高津区での雪害と台風被害を交渉した事例
こちらも最初の査定金額から約3倍に上がりました。 保険会社の査定では、足場が部分的な認定と軒樋も降りないとの話でしたが実際に工事する側の提案をしっかりとさせて頂き最終214万になり130万の金額UPとなりました。
③東京都武蔵村山市での雪害を交渉した事例
こちらも雨樋が部分的にしか認定されましたので、全交換で見てもらいました。

インターネットで火災保険申請代行で様々な会社が出てますが、実際に工事を行っている事例やこういった交渉事例を聞いてみて下さい。
その会社の本質がわかります。

写真での交渉事例3つ共、現場業者からしたら、日本損害保険協会の資格をもっているだけで机上の査定が多いものです。
現場での工事では施主様の為に行わなければいけない雑工事や、不測の事態を想定した金額・予算で実行しなければなりません。
そういったプロが鑑定会社との査定基準をしっかりと見直します。

保険申請から工事までトータルで任せられるので、お客様の負担無し

状況をしっかりと把握した上で、調査報告書や保険申請用の書類を作成し、火災保険がおりた場合には修繕工事まで責任をもってやらせていただきます。
保険申請から工事までトータルでご依頼いただくことができ、火災保険がおりない場合は工事のキャンセルもできるので、ご安心下さい。

バルコニーの異変に関するまとめ

バルコニーが損傷する原因と、その対処法についてお話してきました。バルコニーの修理費用は高額なので、「火災保険は使えないのでは?」と思っても、念のために調査をしてから修繕をするのがベストの方法でしょう。