お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

雨樋に銅板を使うメリットとデメリット

雨樋の部材には、通常塩化ビニルや合成樹脂、アルミ、ステンレス、ガルバリウム鋼板などが多く使われています。
しかし、家々の雨樋を注意して見ていると、たまに銅製の雨樋を見かけることがあります。見るからに高額なので、「何のために銅製の雨樋を付けるのだろう?」と思った方もいるのではないでしょうか?

実は、高い費用をかけて雨樋に銅板を使用するのには、それなりの理由があります。銅板の雨樋には、いったいどんなメリットがあるのでしょうか?銅板には他の部材にないデメリットもあるので、その辺も含めてお話ししましょう。

銅板の雨樋のメリットとは?

e9dbf522785d7e9a50ee5576bf850ec2_s

<耐久性が高い>

銅板の雨樋は、塩化ビニルなどの雨樋に比べて耐久性が高く、大きな自然災害が起こらない限り、しっかりと持ち堪えてくれる優れモノです。
雨樋は台風や雪などの災害で最も壊れやすい場所なので、耐久性が高いのはとても大きなメリットといえるでしょう。

<錆びにくい>

築年数の経った家の雨樋を見ると、あちこちが錆びていかにも“古い家”という印象を与えてしまっていることがあります。錆びたり欠けたり歪んだりするのが、雨樋の宿命というイメージもあります。

ところが、銅の雨樋は非常に錆びにくく、めったなことで汚い錆びに悩まされることがありません。欠けたり歪んだりもしにくいので、年数が経ってもいい状態を保つことができます。雨樋の経年劣化に悩んでいた人にとって、銅の雨樋のこうした特性は、とても魅力的に感じられるのではないでしょうか。

<時が経つにつれて風格が出る>

銅板の雨樋は、年月を経るにつれて赤橙色から褐色→暗褐色→黒褐色→青緑色へと変化し、やがてドッシリとした風格を感じさせるようになります。使い込むほどに趣を深めるので、年月によって色が変わるのを楽しむことができるのが、銅板の雨樋の大きな魅力のひとつです。

この銅雨樋、実は日本では昔から使われていたのを、ご存知でしょうか?一般の住宅では、明治以降に銅製の軒樋が使われるようになりました。
軒樋の先にカップを連結して、銅製の鎖樋をたらし、雨が伝わるとカップの中に水が落ちるような仕組みです。

しかし、銅の価格が高騰したことで、このカップ型鎖樋は姿を消し、価格の安い塩化ビニルや合成樹脂に変わってしまいました。

今でも金沢などには、銅の雨樋を使用する町家がたくさんあります。
中には屋号の入った雨樋もあるとか。雨樋に対する、金沢の人々の深い愛着を感じさせます。
現在の日本の住宅の多くは、雨樋をあまり意識せずに設置していますが、こういう話を聞くと、あらためて家の雨樋を見直したくなるのではないでしょうか。

銅板の雨樋には、こんなデメリットも!

叫ぶ

<価格が高い>

銅板の雨樋は、他の雨樋に比べて価格が高く、それが普及しない原因にもなっています。外壁などの美観に関わる部分ならまだしも、「雨樋のために、そこまでお金をかけたくない」という人は、多いのかもしれません。

<酸性雨で穴が開いてしまうこともある>

これは昔の時代にはなかった現象なのですが、近年の酸性雨の影響で、築15~20年ほど経つと銅の雨樋に穴が開いてしまうことがあります。しかし、銅の雨樋は使い込むほどに風格を増すので、できれば交換せずに補修をして使い続けたいものです。

<銅の青緑色が流れ出て、外壁材やコンクリートを染めてしまうことがある>

銅の雨樋を使い込んでいくと、雨水と一緒に銅の青緑色が流れ出てしまい、外壁材やコンクリートを染めてしまうことがあります。
付けてからも定期的な点検費がかかるのもひとつのデメリットになります。

雨樋の修理で困ったら、まずはホームドックにご相談を

g_07_01

「雨樋が歪んでしまった」
「雨樋が外れてしまった」
といったような不具合が発生してお困りの人は、まずはホームドックにお気軽にご相談ください。
経験豊かな一級建築士が診断に伺い、台風や雪などの自然災害が原因と判明した場合は、火災保険を申請して無料で修繕をすることも可能です。

関連記事
【東京都小平市:1010000円】外壁クラック・軒樋曲がりと屋根材割れ認定
【京都府京都市:2,450,000円】 関西でも雪申請可能、雨樋交換工事
【新潟県長岡市:650000円】積雪による荷重で屋根瓦倒壊

銅製の雨樋に関するまとめ

外壁や屋根など、住まいの中で目立つ部分は気にしても、雨樋となると「たかが雨を通すだけの部材だから」と、軽く考えてしまいがちです。しかし、雨樋の歪みや錆びは、住んでいる人が思っている以上に、住宅のイメージを悪くしてしまいます。

壊れた雨樋を放っておくと、住宅が傷む原因にもなるので、雨樋に不具合があったときはすぐに対処した方が良いでしょう。