お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

職人が減ってきている時代にマッチした最高の保険申請サービスとは?

施工中 (3)

「労働人口の減少」問題はここ数年の少子高齢化傾向に拍車がかかり、国家全体を上げての対策が急務になっている問題です。その中でも、建設業界における人手不足は深刻な問題となっています。

工事現場で働く職人はもちろん、その職人をマネジメントする技術者も足りていないのが現状です。そのため、人件費がどんどん上がり、建設コストも上がってしまうという悪循環が起こっています。

コストが高すぎるがゆえに進行しない工事も多々あるのですが、現在の状況に合ったサービスは存在するのでしょうか。

なぜ職人が減ってきているのか


building-industy-not-enough-staff-topics-1-768x521

引用元http://president.jp/articles/-/17905

少子高齢化が進んでいる今、多くの職種において若年層の労働人口は減り続けています。

その中でも、建設業界の人手不足は深刻だといわれています。優秀な人材を確保しなければ、社会のインフラとなる建物の需要と供給が崩れてしまう可能性があります。

そもそも、建設業界が人手不足になっているのは、建設業への就業を希望する人たちが減っているという顕在的な理由もあります。

主に若年層の建設業在職者が減少してしまっているわけですが、リーマンショック後に訪れた建設需要の激減により離れていった職人たちが戻ってこないという点も見逃せません。

具体的には、総務省の労働力調査を見れば一目瞭然です。

全産業の従事者数と建設業の従事者数推移を比較してみると、2000年以降建設業の従事者数は減少し続けていることがわかります。

とはいえ、2017年から今年にかけては東日本大震災の復興事業やアベノミクスによる公共事業の増加に加え、2020年の東京オリンピック特需もあり建設業界の活気は戻ってきています。

確かに、建物を作る仕事は増えているのですが、その一方でその仕事に従事できる職人の数が足りていないため、建設会社によっては職人不足で工事の受注ができないという現象も起こっています。

また、人手不足により労務費が高騰してしまっているので、さらに工事ができないという負のスパイラルが発生してしまっているのです。

人手不足を解決できるのか

この人手不足を解決することはできるのでしょうか。

若年層の建設業在職者が減少しつづけているということは、若手の職人が入ってこない、せっかく入ってきた若手の職人もすぐにやめてしまうということが継続しているということです。

1980年からの建設業界の在職者・入職者を年齢別に調査した建設経済研究所の

『建設業就業者数の将来推計』

を見てみると、20~24歳の若手の職人の在職率が急減していることに加えて、15~19歳の就職者数も減少していることがわかります。ここ数年の若手の就職者数はピーク時の3分の1以下にまで落ち込んでいます。

ほかの産業と比較してみても、建設業は55歳以上のベテランと若手との間に圧倒的に開きがあるのです。

社会全体の年齢分布よりも、高齢化が進んでいるのが建設業界といえます。

これは、「建設業界=3K(きたない・きつい・きけん)」というイメージがついていることも影響しています。

実際、以前はほかの業界よりも基本的な福利厚生などが整備されていなかったのは事実としてあります。

そして、その人手不足をさらに深刻にしたのが、2008年のリーマンショックです。

このリーマンショックは、全世界の経済を不況に陥れましたが、ここ日本も例外ではなく建設需要の激減を引き起こしました。

そのため、職人たちは建設業界から離れざるを得なくなり、転職・退職を余儀なくされたわけです。

その後、景気が回復傾向となり建設需要も少しずつ増えてきましたが、将来的な不安払拭にまでは至らず、職人の数は減り続けています。建設業界を離れた職人が戻れば良いのでは、と考える人もいるかもしれませんが、すでにほかの業種でキャリアを積んでしまうとおいそれと簡単に戻ってくるわけにもいきません。

その結果、建設需要が増えているにも関わらず職人がいないという現象が起こってしまったのです。

全国建物診断サービスでの営業でもここまで行って営業を広げております
【工務店が営業を広げる極意】現場に真面目な業者が勝ち残る時代へ

ネットの普及によるポータルサイトのメリットとデメリット

このような状況の中、建設業界を盛り上げるためにはどうすれば良いのでしょうか。

最近、テレビCMやWEB広告でよく見かけるのが

「不動産探しサイト」

「一括見積サイト」

など多くの不動産物件が一度に見られるサイトや、工事費用を様々な業者に一気に依頼することができるポータルサイトなどが活況となっています。

そのため、多くの不動産会社・専門業者がこのようなポータルサイトへの掲載を考えることでしょう。

ここで、このポータルサイトのメリット・デメリットを考えてみたいと思います。

不動産会社・専門業者側のメリット

不動産業者

不動産系のポータルサイトには、「不動産を買いたい・借りたい」「修理を依頼したい」という目的を持ったユーザーが集まってきます。

そのため、選択肢の一つとして自社の不動産やサービスをアピールすることができます

ポータルサイトを訪問したユーザーは、これまで知らなかった不動産会社・専門業者の存在を知ることになりますし、転勤などで遠い地域から来た人が情報を知るためにもポータルサイトは有用です。掲載方法やクリック数などで掲載料金が変わることがほとんどなので、会社に合ったプランで掲載ができます。

不動産会社・専門業者側のデメリット

上述の通り、ポータルサイトでは一度に複数の不動産会社の物件や専門業者のサービスを閲覧できます。

つまり、ライバル会社がひしめき合っている状態ですので、ユーザーとしてもどの物件・会社にするか非常に迷ってしまうところです。また、中古物件や賃貸物件に関しては、多くの会社が同じ物件を掲載していますので、必ずしも自分の会社を選んでくれるとは限りません。

また、ポータルサイトは情報を掲載している不動産会社・専門業者からの広告費で成立していますので、その広告費によって掲載量が変わってきます。

そのため、多くの情報を掲載するとすれば広告費はかさんでしまいます。プラスしてクリック数によって課金されるケースもあるので、成約するしないに関わらず高額な広告費になってしまうことも考えられます

ユーザー側のメリット

ポータルサイトには複数の不動産会社・専門業者が掲載されているので、それぞれの会社のホームページを訪問する手間が省けます。また、ポータルサイトの多くは検索機能が充実しているので、自分の本来の目的に合った物件・サービスを比較し探し出すことができます。

不動産会社や専門業者に直接は聞きにくいことも、検索機能を使ってソートできることもメリットです。また、写真も掲載されているので、現地に行かなければわからない情報も入手できます。現地に行かずにいろいろな情報を見ることができます。

ユーザー側のデメリット

ポータルサイトは「物件を見る」「問い合わせをする」ことに特化されているので、検索条件以上の情報を入手することは難しくなっています。

そのため、詳細を知りたいというユーザーには不向きになってしまいます。

しかし、物件やサービスをだいたい決めて、どのような不動産会社がその物件を扱っているのか、どのような専門業者が地域にあるのかの参考にし、自分でそこから調べていくという活用方法であれば問題はないでしょう。

11697

不動産会社・専門業者側の立場に立てば、いつのまにか「手数料」という名の広告費がどんどんかさんでしまう可能性があるポータルサイトの利用は、しっかり管理しながら行う必要があります。ポータルサイトへの掲載は、広告を掲載してすぐにリアクションがあるという可能性が高いので、利用価値はあるでしょう。わかりやすくいえば、単独では高額な広告費を出せない会社が集まって、ポータルサイトという巨大メディアに出資しているという構図ですので、会社単独ではできない大規模な広告を打つことはできます。しかし、同業者も同じようにポータルサイトを利用しているので、激しい競争が起こっているという意味においては単独で出す広告よりもユーザーの目はシビアになっているとも考えられます。とはいえ、広告の掲載をやめてしまうと集客力が落ちる可能性もあるので、なかなか判断が難しいことではあります。ポータルサイトへの露出は無理のない形で継続し、その間に自社ホームページを充実させることが、今後の建設業界に求められることでしょう。ポータルサイトできっかけを作り、自社ホームページに誘導し、充実したコンテンツで一気に購買意欲・契約意欲を高めるという方法が主流になっていくと考えられます。

工事費用に火災保険を活用する事業差別化をお勧めします

このような工事の高額化が進む現状がある中、工事金額を保険会社が決めるというケースもあります。

それが火災保険を活用した工事です。火災保険は、火事や自然災害による住宅・家財の被害を補償してくれる保険ですが、この保険を活用すると修理が無料で行える可能性があります。

というのも、その工事に対する保険金は工事業者の出した見積りと保険会社が派遣した鑑定人の出した結果をもとに保険会社が決定するため、保険金に収まる範囲内の工事を行えば良いという事です。

火災保険の保険金は、建物の評価額を決めるところから始まります。建物の評価額とは、同じものに戻すとすればどれくらいの金額になるかという「再調達価格」か、その時点での価値である「時価」によって決定します。

通常は「時価」によって保険金が決まりますが、特約によっては「再調達価格」で保険金がおりますので、被害前と同じ状態に無料で戻すことができます。

火災保険の契約時に、できれば再調達価額で建物の評価を行って、万が一の場合には新たに立て直すことができるようにしておくことが理想的でしょう。

その火災保険で住宅の修理が可能かどうかを診断しているのが、一般社団法人全国建物診断サービスです。火災保険の活用を熟知した豊富な経験を持つ一級建築士が診断を行い、一軒一軒の特徴を把握し、加入している火災保険を正しく適用できるようアドバイスを行っています。

もちろん、最初の住宅診断は無料で行っています。住宅は、目に見えないところでも強風や大雪の影響を受けて傷んでいる箇所がたくさんあります

そのような箇所も全国建物診断サービスの診断によって発見することができますので
大事になる前に修理を行い、被害を最小限に食い止めることもできます。

住宅に関して気になることがあるなら一度全国建物診断サービスに相談することをおすすめします。

我々に協力してくれる会社さん、職人さん、募集しています!

施工中 (3)
建物を修繕するにあたって、依頼者が一番心配しているのは修繕費だと思われます。

もちろん、どのような修理が必要かによって金額は変わってくるのですが、数百万円にもなることもあります。

そのため、工事が必要なのに工事に踏み切れないという事例も多くなっています。

そのように数百万円の工事が必要な状態にならないように、全国建物診断サービスでは火災保険の活用以外にも「ホームドック」という建物診断を行っています。

この「ホームドック」は、高い技術力と豊富な経験をあわせ持つ一級建築士が建物の状況を隅々までチェックし、適正な修理計画を立てます。そして、火災保険を上手に活用してその保険金内で工事を行い、自己負担がないような形で工事を進めていきます。

最近は、このホームドックという仕組みを“予防”という観点から活用するユーザーも増えています。

ゲリラ豪雨や強力な台風など、自然災害が多い日本では、知らぬ間に建物に大きな被害が出ていることがたくさんあります。また、地方によっては毎年の大雪によって、建物に歪みが出ているかもしれません。

そのような被害をいち早く発見するためにも、ホームドックは有用です。そのホームドックに対応している全国建物診断サービスは、全国に400店という加盟店のネットワークを持っていますので、どの地域でも迅速に無料で対応します。現在、更なるサービスの充実・拡大のために、ホームドック及び修繕工事にご協力いただける施工業者さま・職人さんを募集しています。

屋根工事・外壁工事・防水工事・塗装工事・建具工事をメインに行っていただく形になりますので、ご興味がおありの会社さま・職人さんはまずお問い合わせ頂けますとありがたいです。

ポータルサイトなどと違い、相見積になることがなく、基本的に出した金額で工事ができるというメリットがあります。

つまり、最近増えている無料で何社も相見積するサイトのように、中間業者へのマージンのキャッシュバックが発生しませんので、安心して業務に打ち込める体制が整っています。

このタイミングに、業務の幅を広げるという意味でもご検討いただけますと幸いです。