お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

埼玉県入間市 屋根大規模破損を無料で修繕!?

1

埼玉県入間市

修理箇所:屋根

築年数:築40年

コメント:自宅・倉庫があり、数年前の大雪被害で壊れている自覚がありましたが、まさか加入している【火災保険】で適用出来ることは知りませんでした。
今回資料から保険承認そして工事打ち合わせまで親切・丁寧に行っていただき有難うございました。
また何かありましたらすぐに相談致します。 

屋根の大規模破損を修繕するには費用がかさみます。 下地まで交換するとなると葺き替え費用として数百万かかる場合も御座います。

その中で今回ご紹介させていただく工事事例は埼玉県入間の工事事例です。

加入している【火災保険】を使っておりた金額での修繕を行わせて頂きました、調査は自宅・工場の2件をさせていただき自宅では雨樋の被害が出ていました。

そして、工場では屋根の変形・めくれ、雨樋、ガラス窓に被害が出ていました。

如何にして大規模修繕を無料で修繕行えたかを記事にしました。

e9dbf522785d7e9a50ee5576bf850ec2_s

まずは損害状況を加入保険会社に申請相談

的場邸 住宅現調写真
織見積もり・現場写真を作成し保険申請を行いました。
この記事を見て、実際に保険会社に相談したい!わたしも使いたいという方に御見積書・現場写真の申請であった方が有利になる情報お伝え致します。

御見積書は細かく詳細がわかるように

お客様が相見積もりなどで何社か施工業者からあがってくると、ふと同じ工事内容でも書き方が全然違います。
工場_6

工場_4
これは保険会社の支払いをする担当者目線で考えればわかりますが、保険では

・必要最低限でかつ現状復帰工事

が基本になります。 見る項目としては

  1. 自然災害が起因での修繕箇所なのか?
  2. 関係ない工事は含まれていないか?
  3. 数量は的確か?
  4. 金額は妥当性があるか?  になります。 それを考えると申請に慣れているプロに依頼するのも手です。

写真の撮り方

    • 軒トイの曲がりは、屋根上から平行に撮る
    • 軒トイの金具がしっかりとついているかチェックする。 ※鑑定会社のチェックポイント
    • 屋根材破損の落ちている材料を撮る
    • 敷地全体がわかるような写真を撮る
    • 浮き・ズレなど写真ではわかりづらい箇所・項目は印を付け図面に起こす
    • 部分破損の場合、他の工事必要がない写真も撮り修繕部分の㎡数の整合性を高める

事故日が重要

申請を行う上で重要なのが事故日であり。今回お客様にヒアリングして
2014/2/14 大雪
2016/8/22 台風で申請をしました。
埼玉県入間市の積雪でも2014年2月14日では30cmを超え動画サイトにもUPされておりますが、信号機が点滅せずに交差点で立ち往生する車など交通網に大打撃を受けました。
そうした被害は自宅にもうけている可能性が高いので、興味あるかたはホームドッグを受けてみては如何でしょうか?

保険が降りたら工事の打ち合わせ

その後無事承認され、自宅・倉庫合わせて1,241,553の保険が承認されました。
弊社の提案としまして、被害部分の大きかった雨樋の修繕をご提案させていただきました。
ですがお客様は工場の屋根の部分修繕ご希望でしたので、再度打ち合わせをさせていただきましました。
yotaka160328330I9A9332_TP_V
屋根部分の軒先が破損してしまっていました。
再度屋根の寸法を図らせていただきできる範囲をお客様にお伝え、ご納得していただいた上で、工事請負書をお送りさせていただき修繕工事をさせていただきました。

工事請負契約書提携後工事

その後工事も無事完了しました。
的場邸 工事完了写真20170708-002

的場邸 工事完了写真20170708-001

まとめ

今回のように、私たちは保険が承認された後のサポートも徹底しております。
まず私たちの方でこれから被害が広がりそうな場所は優先順位をつけて最善な提案・ご説明をします。その後お客様が納得した上で工事していただけるよう、電話でのお客様の希望の聞き取り・現場での再度打ち合わせ等は何度も綿密に行っております。また今回2014/2/14の大雪が被害として認められました。

火災保険は事故のあった際すぐに申請しないといけないものではありません。
正確には保険法の第九十五条で災害が認められる期限は3年です。それを過ぎた場合保険の請求ができる権利はなくなります。
しかし保険会社によって特に大きな災害においては、過ぎていても認められる場合があります。
是非私たちのサービスを使ってまずは家が災害の被害がないかホームドッグを受けてみてはいかがでしょうか。
修繕箇所の変更OK

修繕箇所はお客様が納得するまでご相談OK

災害後すぐに申請しなくてもOK



記事監修


kansyuu
【二級建築士】佐野 広幸
全国建物診断サービスのwebサイト監修の他、グループ会社の株式会社ゼンシンダンの記事も監修。火災保険申請を利用した修繕工事を広める事により、日本の「建物老朽化」問題の解決に貢献。