お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【神奈川県相模原市:5,000,000円】RCで地震一部損認定

アカデミア 塗装写真 高圧洗浄-002

神奈川県相模原市

修理箇所:外壁塗装・鉄骨階段塗装・付帯塗装・屋根防水

築年数:25年

コメント:ちょうど、塗装を考えているときに、太陽光セミナーで
【全国建物申請サービス】さんの全国規模での工事事例を知り申し込みました。 

実際に500万でほとんど手出しなく塗装が出来大変感謝申し上げます。 
ぜひ他のオーナー投資家にも紹介します。
自宅の雨といも170万認定され2重の喜ぶ。

地震被害 計算表

地震保険の鑑定でRCの建物は構造により判定基準が異なるが関東圏ではほとんど降りたケースがないと言いますが
真っ赤なウソです。
実際に国の指標にあてはめれば3%の損害割合を超え認定になる建物がゴマンとあります。
ぜひ、不動産さん関連や太陽光会社さんそして、直接の投資家さんに届ければ幸いです。

地震申請って何が重要なの??

最近になって、無料求人などで【地震申請コンサルタント】が出てきてます。
当社団やこういったコンサルタントに依頼して何がお得になると思いますか?

g_09_01

それは・・・

通常降りて良い損害でも、

現場の鑑定人によっては下りない場合がありその交渉する知識が違います。

そういった料金だと思ってください。

なので、自分で日曜大工やDIYが好きなどでクラックの損害割合でしっかり判断できるのであればご自分での申請で問題ありません。

詳しい申請方法についてはこちら:地震保険申請で保険金が受給できるまでの流れ

実際に納得いかない金額での交渉依頼や、地震査定人がタクシーで来てすぐ帰って降りなかったので交渉してほしいなど年々、相談は増えております。

なぜ、社団に地震申請依頼がくるのか

ここで、営業として全国建物診断サービスの魅力を伝えます。

  • 離島を含む全国で対応可。 5人以上集まれば説明会も開催可。
  • 申請件数が年間2000件を超えたノウハウ
  • 鑑定会社とのパイプ
  • 日本損害保険協会や鑑定基準の把握及び交渉事例

こういった点で支持されセミナーや説明会で申し込みされます。

神奈川県相模原市での塗装費用を地震保険で賄った件

もともとのタイトルでのご紹介をしますね。

申し込みいただきました経緯は太陽光セミナーと合同で行わせていただいた方かたです。

太陽光の提携についてはこちらから:パートナー募集 ※太陽光パネル営業編

約50名の投資家さんにご参加いただきましたがほとんどの方が、火災保険の活用方法や地震保険のノウハウは知りませんでした。

そこで当社団でホームドッグをしてみると・・

一部損害にあたる地震被害が確認

現場の被害状況として

  • 外壁目地の割れ・欠け
  • 外部基礎部 爆裂あり
  • 外部基礎部 クラックあり
  • 玄関廻り等 開口部 ほぼ全体クラックあり
  • 非常階段付近 衝突痕あり

国が定める3%以上の被害が見受けられました。

なお地震保険の申請についてはこちらをご覧ください:地震保険申請で保険金が受給できるまでの流れ

鑑定がきて現場で500万(一部損)の認定

認定の際は、現場の立ち合い時に認定になるケースが多いです。
これは3%以上の被害が構造により認めた場合には覆ることがないので一日でも早く支払い手続きに進めたいからです。

※よくネットなどでは保険会社は支払いを渋るということが書いてますが、支払いが決定してからはむしろ逆です。
支払いを忘れていた際には保険会社が延滞金をプラスして払う規約になっています。
大規模な被害の時にはどうしても時間がかかってしまうので2014年の雪害などでは延滞金がプラスで払われる建物は多くありました。

完工写真を残しておけば、何度でも申請可能

アカデミア 塗装写真 高圧洗浄-002

工事写真はなるべく細かく残してください。 
塗装であれば、中塗りや、クラック補修している写真など建物の大きさにもよりますがRCでしたら各工程ごとに5枚から10枚撮ってもらい
50枚以上はデーターとして残しておくことをお勧めいたします。

そうすればクラックが再度出たときにまた地震の申請が可能です。 

この神奈川県相模原市でも3.11以降に東京湾申請や余震での微力な揺れはございます。 

全国建物診断サービスは全国でカバーしておりますので何かあればすぐにご相談ください。 



記事監修


kansyuu
【二級建築士】佐野 広幸
全国建物診断サービスのwebサイト監修の他、グループ会社の株式会社ゼンシンダンの記事も監修。火災保険申請を利用した修繕工事を広める事により、日本の「建物老朽化」問題の解決に貢献。