お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【千葉県印旛郡: 1,755,788円】屋根の「棟」と「瓦」の施工前と後を写真で比較!安心感が違います

2020年8月13日 公開

暴風により屋根の棟と瓦が割れてしまったら

棟両端と瓦

▲屋根の棟と瓦の損傷個所を上から撮影した写真です

2019年に発生した大型台風により、屋根・外壁・雨樋などに損傷を受けた住宅より、
火災保険を使った修繕工事の相談を受け、実際に補修工事を行った事例を紹介します。

棟部分施工前施工後
▲棟の損傷が大きい状態でした

屋根の棟部分が写真のような状態では、誰が見てもわかる通り、雨水の侵入を許してしまいます。割れた部分をカバーし、強風が吹いても外れないように対策もしています。

瓦部分施工前施工後
▲一部の「瓦」は割れてしまっていたので交換をしました

瓦に欠損がある場合は、新しい瓦と交換し、隙間ができないように気をつけました。
応急処置のブルーシート等では、強風時に飛んでしまうことが多いため、早めに交換工事を行った方が良いでしょう。

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

メールでお問い合わせする

家の修繕費用が火災保険で出るの!?

フリーダイヤル0120-131-071

工事費用は火災保険で賄えたので実費はナシですみました

保険金明細_0813

上記の事例で火災保険を申請した住宅の保険金明細です。
こちらの住宅では、屋根の他に外壁や雨樋などの被害箇所も申請していました。

大型の台風が通過し、とくに風が強かった地域では住宅の様々な箇所に被害が出てしまうことは珍しくありません。
被害が大きい場合は、隅々まで点検してくれる施工業者へ依頼することをお勧めします。

【棟板金と瓦に関連した記事はこちら】
・屋根材を固定する棟板金が壊れた?その修理方法とは
・【三重県: 646,177円】棟瓦の強風被害も丁寧に記録!豪雨と強風はセットが多い

公式LINEで相談される方が増えています!

全国建物診断サービスでは、公式LINEのチャット機能を使ったご相談も可能です。チャットでは、会話の内容が残るので、相談したい項目が多い方はその特徴を利用するのも手です。

少しずつチャットで相談を行い、内容を整理してから依頼をされた方もいらっしゃいました。強引な勧誘などは行っておりませんので、お住まいについて気になることがある方は気楽にメッセージをください。

今なら問い合わせの申込で、5000円キャッシュバックキャンペーン中!
全国で累計10万棟以上の実績があります。お申込み、お待ちしております!

LINE友だち追加
※公式LINEチャットでホームドックのご相談も可能です。