お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

和歌山県和歌山市 パラペット内壁・笠木・棟包みの壊れが台風によって起きた

和歌山県和歌山市

修理箇所:パラペット・棟

築年数:不明

コメント:無料のホームドッグとしか話は聞いてなく、雨漏りしてないのでまさか台風被害があるとは。 

でも無事に治ってよかった。
暑い中ご苦労様でした。

毎年のように和歌山県では台風が上陸致します。

そこで、全国でも工事事例をもっと書いて欲しいという要望に答え今回は平成24年での和歌山県修理事例をご紹介致します。

少しでも興味があれば無料診断へ! ※今なら調査で5000円キャッシュバック キャンペーン中です。

プロが見る観点

中谷様邸(福島) 工事完了報告書-001
こちらの台風被害で、修理をさせていただいた写真ですが、今回この【プロが見る観点】は分かりますでしょうか?

 

そうです、2の棟包みの部分です。

1の内壁については、どの業者さんでも被害が特定でき保険会社も支払いになるでしょう。

しかし2の棟包みに関しては、出してみないと台風被害として認定されるかどうか判断がつかない箇所になります。

プロに依頼してよかった点3選

保険の申請に慣れている方なんてほとんどいません。 今回も電話から鑑定人の立会そして工事まで一貫してサービスを受けて満足しました。
そこで、よかった点を挙げてみます。

1:事故日の特定

竜巻
沖縄や九州でもそうですが、台風上陸が多い地域ですが、いつ?どのように壊れたのか?がわからないと支払いが難しくなります。
そういった事故日の特定も、被害状況や聞き取りから親身に教えてもらえます。

2:写真撮り

中谷様邸(福島) 工事完了報告書-002
良くあるのですが、工事が終わった後の申請の際に、工事をする前の修繕箇所の写真がありません。
これだと保険会社はなぜ修理が必要なのか? 風のどのように吹いて浮いたのか?動いて割れたのか分かりません。
そこの現場報告書などはプロのメリットと言えるでしょう。

3:保険会社とのやり取り

%e9%9b%bb%e8%a9%b1

保険会社に事故受付を申し出ると、現場立会があるケースがあります。 ここでも、立会を一緒にやってもらい現場説明もしてもらえます。
一般的に、施工不良・経年劣化・フキコミによる雨漏り・塗装などは火災保険・地震保険はおりません。 

結果に納得いかない場合には、交渉する手もある。 交渉した記事はこちら→プロが教える!! 雨漏りや屋根修繕で火災保険(住宅総合保険)を使う前に覚えておきたい全手法

プロに依頼した場合と、直接自分で申請した違いの記事はこちら→住宅災害で保険申請を支援する内容の内訳5選

過去の台風による最大瞬間風速はどのぐらい?

大体最大瞬間風速で20mを超えると人間はたっているのが辛くなります。
30mなんて、もう屋根材が飛んじゃうケースもあります。

2013年10月16日台風26号 20m
2014年10月11日台風19号 23.8m
2015年10月1日・2日 爆弾低気圧 28.7m・27.7m
2015年12月11日 強風 35m ※この被害での問い合わせが多いです。保険法では期限3年なので注意が必要 
2016年4月17日 爆弾低気圧 28.5m
2016年9月20日 台風16号 31.3m
2017年4月17日 強風 28.8m

現場調査の結果、被害がなければ無料

なんも被害がなければ写真を送って終了になります。
しかも今なら5000円ももらえる! 

是非ご検討ください。

 

 

 

 



記事監修


kansyuu
【一級建築士】登立 健一
一級建築士。全国建物診断サービスのwebサイト監修の他、グループ会社の株式会社ゼンシンダンの記事も監修。