お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【福島県会津若松市:地震665,000円+風水害702,600円】地震以外にも雪の重みで家が壊れてました

見積もり

福島県会津若松市

修理箇所:外壁塗装

築年数:43年

コメント:地震での申請方法がわからず国などの援助金では多少もらっていましたが、
加入している火災保険と地震保険両方で行えるのを知らなかったので本当に助かりました。

担当の方も、保険がおりない場合には費用がかからないことや
おりた保険範囲ないでの修繕工事も自分のお金を払わないで済み助かりました

大震災での被害として地震保険を知らない方はまだまだいます。

実際に雪での被害も住宅が受けており、その雪害では火災保険が適用になるケースも多々あります。

そんな中で今回は福島県会津若松市での火災保険申請・地震保険申請をお伝えいたします。

毎年降る雪害で702,600円のお支払い+地震で665,000円の支払い

証明書 風水害-001

会津若松市では毎年考えれないぐらいの降雪があります。 人の身長よりも高い雪が積もり住宅に被害を加えていきます。

雪どめ後にリフォーム会社が繁忙期に入りますが、火災保険では雪が残っていても申請は可能です。

証明書 地震

こちらの証明書は地震被害による破損の支払い証明です。

地震の場合ですと民間の火災保険会社では国が保証になりますが共済の一部損害ですが支店対応となりますので申請方法によって異なります。

地震被害の申請方法はこちらをご覧下さい:地震保険申請で保険金が受給できるまでの流れ

共済の場合ですと、見積もりの被害額が重要になります。

ホームドッグの結果は被害多数

地震によるひび割れ

地震による被害と台風による被害そして毎年の雪による被害の何に該当するのかが査定の観点から申しますと重要になります。

またそれらを補修する工事の方法(工法)も必要箇所のみなのか、予防工事も含まれているのかを素人でもわかりやすくする必要があります。

 

建築・建設業界ではいまだに業界用語で同じ工事箇所でも呼び方が異なったりして素人ではわからない事が多いものですが、写真や見積もりを

分かりやすくするのもプロの仕事です。

鑑定が入った場合には鑑定人対応が重要

火災保険の不払い問題に交渉した実例のご紹介

リンク先では実際に火災保険に申請したまではイイが0円として保険が降りなかった無責から交渉した事例になります。
こういった形で、大手の火災保険会社でも平気で納得がいかない査定を出してきますので現場の鑑定人により査定が異なるのです。

気象データーの重要性

それと火災保険の申請に対して重要なのが気象データーになります。
事故日がないと保険会社は払いませんので1つの事故に対して1つの事故の日にち(事故日)をしっかりとお伝えしましょう。

現場では、雪害と台風と地震で申請したのに、地震しか査定されなかったケースもありました。

保険会社は基本的にはなるべく保険金は支払いたくないのが現状と考えていいでしょう。

福島県以外でも全国で対応している全国建物診断サービスに相談しましょう

当社団では、福島県以外でも全国で対応しております。

また今なら、HPからの申し込みで【5000円キャッシュバック】を致します。

火災保険・地震保険については直接0120131071に電話頂きご相談も承っております。

この機会に火災保険申請が可能かどうか相談してみては如何でしょうか?



記事監修


kansyuu
【二級建築士】佐野 広幸
全国建物診断サービスのwebサイト監修の他、グループ会社の株式会社ゼンシンダンの記事も監修。火災保険申請を利用した修繕工事を広める事により、日本の「建物老朽化」問題の解決に貢献。