お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【富山県富山市:672,300円】一旦は劣化判定でしたが台風後に被害拡大

みなさま、こんにちは!今回は富山の方からご依頼を受け保険申請のお手伝いをさせていただき、保険承認がおりた事例をご紹介させていただきます。

【千葉県市川市:363,825円】屋根の随所に壊れがありましたが費用負担無しで修理出来ました
【沖縄県うるま市:358,900円】庇の屋根材が台風で飛んでしまった

風水害被害は全国で起こってます

台風21号での家屋被害申請は早めに行うと保険金が出やすい

当社団では全国での風水害対策として長期メンテナンスを推奨しております。

※ホームドッグでは3年・5年の長期無料点検になります。

屋根の破損からご相談を受けました。

お申込みいただいたのは6月の中旬。以前自宅の屋根の破損に気づきながらも修繕費用の関係でなかなか手を出せずにいたK様。
お知り合いの方から当社団のことをお聞きになりお申込みいただきました。
即日に当社団の担当よりK様にお電話を行い、ご自宅、保険加入状況などの確認を行い、近隣の社団加盟業者に無料建物調査の依頼をかけました。

約1週間後にK様に事前の確認の後、業者よる無料建物調査を行いました。
その後約2週間後にはK様のご自宅に以下のような調査報告書を郵送にてお送りさせていただきました。

工事事例

調査事例
上のお写真の他被害のないところも現状確認のためにお写真を撮らせていただき、お送りさせていただきました。

なぜ被害のないところまで写真を撮るのかというと、今回ご相談いただいた件とは別に今後大きな災害が起きた際に再度申請を行うことになったときに保険会社より劣化と判定されないための記録としてお渡しさせていただいております。(実際にその後の9月30日の台風24号により申請した調査したときとは別の箇所で破損があったとご相談をいただきました)

保険申請のご案内

当社団ではお写真をお送りする際に保険申請に必要なものである写真に加えて、
申請に必要な見積書もお送りさせていただいたおります。
その後担当の者からK様にお電話を行い、保険申請のご案内をさせていただきました。
内容としましては主に
・申請の行い方
・保険会社が教えてくれない記入用紙の記入方法
・被災されたと思われる災害と日時
などをご案内させていただきました。

その後保険会社の派遣した鑑定人による鑑定人立会があり、罹災証明書が必要な旨を鑑定人からK様に伝えられました。
その後担当より罹災証明書の取得方法をご案内させていただき、保険加入者であるK様の息子様より罹災証明書をお取り寄せしていただき、正式な申請となりました。

その後1月ほど保険会社から連絡を待ち、電話口にて保険承認のご連絡がK様のもとに届きました。
証明書

後日こちらのような書類がK様のご自宅に届きました。
その後当社団にFAXにてご送付いただき当社団の工事部ご連絡をし、現在工事のご相談をさせていただいております。

は全国で対応可能

787224
当社団では全国に会員業者がおり、お問い合わせいただいたお客様の近隣の業者に依頼をかけるかたちをとらせて頂いております。
なので、気になるところがあった際に相談ができるようになっております。
今回の大阪のように当該地域では業者が対応できないような場合には他の地域から派遣する場合もあり、建物の破損で気になるところがあれば是非一度ご相談ください!

プロが教える!! 雨漏りや屋根修繕で火災保険(住宅総合保険)を使う前に覚えておきたい全手